スーツを選んだら次はネクタイ

緑のネクタイ
ネクタイとは何とも不思議なアイテムです。

男性の洋装で、首の周りに装飾として巻く「布」それがネクタイです。
多くの場合、ワイシャツの襟の下を通し、喉の前で結び目を作って体の前にぶら下げます。

実に不思議な話ですが、この布を首に巻くだけで、
世界中のどんなフォーマルな席でも訝し目で見られることがありません。

首に巻く細い方を小剣(スモールチップ)、
前方に下げる太い方を大剣(ブレード)と言います。

ネクタイは、スーツを着こなすときにおいては、
ほとんど唯一といっていいほど柄や色を主張する部分であることはご存知でしょう。

そのため、ネクタイの選択を間違えてしまうとどんなに良いスーツを着ていても台無しです。

しかも、日本人にはなじみのない常識などもあって、
グローバルな社会においては要注意の項目もあります。
スーツスタイルにおける、目に見えやすい自己主張の場がネクタイであると考えて下さい。

きちんと選べるようでなければ、
コンサルタントとしてより高い信頼を置いてもらえないといっていいでしょう。

当然ですが、ホームページの活用においても、
使用する写真を撮影するとき
ネクタイの色には最大限の気を使って下さい。

ネクタイは、重要なコンサルティングツールです。

色・柄の意味をしっかりと考える

ネクタイの色柄にはおしゃれポイント以上の意味がしっかりと存在します。

ある意味それは、名刺を出す前においての名刺といっていいアイテムです。

つけている人の人格を証明するものとなりますので、
しっかり意味を抑えて選べるようにしておきましょう。

柄は無地かピンドット

ダメなネクタイ
まず柄ですが、絶対に避けておきたいのがストライプ。

一般のビジネスシーンでもストライプを着けている人は多いですし、
日本人はそれほどこだわりなくおしゃれ感覚でストライプ柄を付ける人が多いのですが、実はこれがNG。

というのも、ストライプ柄にはもともとチームや学校を表す意味があり、海外では制服の様な意味合いを持ちます。
もし万が一クライアントにその事実を知っている人がいた場合、
コンサルタントとして国際的な感覚を疑われても仕方がないのです。

もちろん、あなたが海外の大学出身で、
その頃属した何かのチームで決めた柄を使っているなら何の問題もありません。
というわけでストライプは避けるとして、
やはりおすすめはピンドットか無地。

基本的にネクタイは柄の意匠が大きくなるほどカジュアルになるため、
よく見る小紋やチェックなどは当然避けるとして、
ドット柄もより小さなピンドットが最適です。
素材に関しては、言うまでもありませんが、シルクが基本です。

色は相手に与える印象を操作する

赤いネクタイ
ネクタイの色は、実はかなり大きなポイントです。
アメリカ大統領選挙では、
ネクタイの色は勝利のポイントであるということがよく知られています。

J・F・ケネディがテレビ討論でネクタイの色を戦術に利用して以来、
当然のように話題になります。

ちなみにパッションを強く表現したかった現大統領のトランプ氏は、
よく赤いネクタイを着けていますよね。

それも無地の赤が多いようです。

このように、ネクタイの色というのは相手に与える印象を操作するといわれていて、
ただの好みで選んでしまうのは禁物です。

ちなみに一般的に赤は情熱、
クールに見せたいときは紺か深い緑がいいでしょう。

また、謝罪会見などでは青のネクタイが使われることが一般的ですが、
これは青という色が最も嫌いな人間が少ない色といわれているからで、
前大統領のオバマ氏が好んで付けた色です。

さらに、英国の王室ファミリーは、公式に出るときほぼ紺系の無地、
あるいはピンドットのネクタイを着用しています。

落ち着いた柄にTPOに合わせた色を選んで

ネクタイ選びのポイントは、やはり落ち着いた柄とTPOに合わせた色のチョイス。
特に色に関しては、
クライアントに情熱をもってプッシュしたいときや、冷静にプランを立てたいとき、
無理な注文をするときなどによって変えていくのが賢い選択といえます。

間違っても、ハンカチ選びの気分でファッション性だけで選ぶようなことがないように、
ネクタイはビジネスパーソンの表看板であることを忘れないようにしましょう。