できるコンサルタントはワイシャツに気を使う

スーツ、ネクタイときて最後に決めていくのはワイシャツ。
特にワイシャツは、
清潔感やより砕けた関係性の中で相手に与える印象をつかさどる部分です。

ですから、
ワイシャツもきちんとした意志をもって選択がなされなくてはいけません。

ワイシャツだから白無地でいいだろう。
といった適当な認識は捨てた方がいいでしょう。

本当に信頼されるコンサルタントの外見を作り上げたいのであれば、
すすめられるがままに紳士服店の店員さんが選んだ安いワイシャツを着ていてはダメなのです。

註:ワイシャツは、元々ホワイト(白い)シャツ(White shirt)に由来するため、本来は形状を差すものではありません。

色だけを言及したものであるため「青いワイシャツ」といった表記は本来間違いです。

そのため、英語圏の人間には通用しません。
現ミズノの商標である「カッターシャツ」とほぼ同義語です。
英語に倣い「ドレスシャツ」(dress shirt) とも呼ばれます。

ワイシャツにだってポイントは多い

日本人は、
なぜかワイシャツにこだわりを持ちません。

しかし、ワイシャツにもきちんとしたポイントは存在し、
また、ワイシャツひとつで相手に与える印象もガラッと変わることがあるのです。
あだやおろそかに選んでいては、
大きな損をするといっても間違いではないのです。

基本は綿のライトブルー

まずはワイシャツの基本ですが、
当然ですが材質は綿がマストです。

特に日本の夏は暑いですから、吸収性の良い綿のワイシャツは、とても着心地がよいのです。

ビジネスにおけるワイシャツの選択でまさかシルクを選ぶ人はいないと思いますが、
当然ポリエステルやリネンを選ぶのもやめておきましょう。

色に関しては、ワイシャツ(ホワイトシャツ)なんだから白というのは安直でNGです。

確かに、ワイシャツの代表的な色は白ですが、
黄色人種の肌色には白よりもむしろライトブルーの方がよくマッチングするといわれているのです。

盲目的に白を選ぶのではなく、
ライトブルーに挑戦してみてもいいでしょう。

襟はワイドカラーでワンランク上の着こなし

一般的に売られているワイシャツにおいてもっとも多いのはレギュラーカラー。

そして、
一般に日本のビジネスパーソンが身に着けているワイシャツで一番多いのもこのレギュラーカラーですが、
実はこれは世界的なトレンドとしてはあまり歓迎されていません。

そこでお勧めしたいのはワイドカラー。
襟の開き角度は130~140度がベストです。

このワイドカラーはレギュラーカラーよりも衿羽の開きが広いカラーのことで、
一般にウインザーカラーとも呼ばれ、英国型のスーツとの相性は言うまでもありません。
ワイドカラーはゆったりとして落ち着きがあり、ネクタイの柄もしっかり見えますので、意識して使ってみましょう。

クレリックとボタンダウン


基本形のワイシャツとは違うものとして、
クレリックシャツとボタンダウンシャツがあります。
まずクレリックですが、これは襟と袖だけが白無地になっているシャツで、一般にカジュアルの部類に入れられますがそれは間違いです。
クレリックは、クラシックスタイルとしてビジネスシーンでも着用されています。

クレリックとボタンダウン
逆に日本で多い、ボタンダウンこそ、ビジネスシーンに相応しくないのです。

今は、だいぶ緩くなりましたが、ボタンダウンは、ビジネスシーン着用NGでした。

もともとボタンダウンはカレッジカジュアルの流れをくむもので、いうなれば学生の服装です。
コンサルタントとして、より多くの信頼を勝ち得なければいけない人間の服装が、学生の服というのは問題外ですよね。

できるビジネスパーソンは見えない部分にこだわる

ワイシャツは、ジャケットを着ていると見えない部分です。

しかし、だからといってそこをおろそかにしているようでは、
コンサルタントとしてできる人間という風には言えません。

見えない部分にこそ、しっかりとこだわりを持ってこそ、です。

何かの都合でジャケットを脱いだ時、その人となりがしっかりとわかるきちんとしたワイシャツを着ていることは、重要です。
清潔感と信頼感は、ワイシャツでこそ良く分ります。
汗で黄ばんだワイシャツを着ていたら、いくら口で良いことを言っても信用されません。

きちんとしたこだわりを持って、意志をもって選んでいきましょう。

最後に番手とは何?

ワイシャツの記事を調べると「番手」と言う言葉が出てきます。
これだけは、簡単に理解しておいて下さい。

番手とは要するに
生地のもととなる「糸」の太さをあらわす数字(単位)のことです。
番手が大きくなるほど糸は細くなり、生地がやわらかく薄くなるため、風合いや肌ざわりのいい生地ができます。

一方、番手が小さい糸で織りあげた生地には、透けにくい、丈夫といった魅力があります。
私の場合、200番手は良いと思うのですが、売っているお店があまりないので、120番手で注文しています。

ワイシャツの番手