リスティング広告とは何か?

SEO対策をやっていると、
耳にすることが多いリスティング広告。

SEO対策について調べていても、
なんとなくネット上の広告のことだと思って、
大して気にせずに読み飛ばしたりしてはいませんか?

もちろん、絶対必須な物とはいませんが、
知っていて困るようなものではないですし、
活用できるのならして損はないものです。

一度しっかりとその正体について知っておくほうがいいかもしれません。
インターネットで集客や問合せを増やす、

これを狙うには、製造業だろうが、どんな業種でも同じです。
他の、どんな方法よりもスピード感がある方法なので、ぜひ理解して活用して下さい。

リスティング広告とは

リスティング広告

では先ずリスティング広告とは何なのかについてご紹介しましょう。

① リスティング広告とは検索連動型広告のこと

一般的にリスティング広告とは、
検索結果の上部やサイドに表示される広告のことを指します。

この広告は、検索エンジンのユーザーが検索したキーワードに従って関連付けられたものが表示されるため、
検索連動型広告といわれるのです。
基本的にこういったタイプのリスティング広告は、
表示=広告費の発生にはなりません。

リスティング広告

リスティング広告の広告費はPPC(Pay Par Click)広告とも呼ばれ、
ユーザーがクリックするたびに課金されるのがその特徴です。
日本においてはYahoo!とGoogleが提供するものが一般的ですが、
やはり検索利用者の多いGoogleの提供するGoogle AdWords(現在はGoogle広告)がその中心になります。

② 本来的にはコンテンツ向け広告も含まれる

現在リスティング広告といえばこの検索連動型広告のことです。
しかし、厳密に言うと、
ユーザ-追跡型の広告である「コンテンツ広告」もリスティング広告に含まれます。

コンテンツ広告は、サイトのサイドや途中に表示される広告のことで、
特定ページの閲覧履歴をもとに広告を追跡して表示する「リターゲティング広告」も含まれます。

リスティング広告を使ったマーケティングを考える時には、
こういったものもリスティング広告に含まれるということをしっかりと認識しておいて、
説明や解説で混乱しないようにしましょう。

リスティング広告のメリット

ではここから一般的なリスティング広告である、
検索連動型広告のメリットを見ていきましょう。

① ターゲティングが明確

検索連動型広告では、検索ワードと広告を紐づけすることができます。
そのため、
キーワードを使って広告のターゲットを絞ることができ、
提供するサービスや商品に対して興味関心を持つ人に対してピンポイントな広告を出すことができます。
これによって広告費の費用対効果はぐんと上がり、
無駄のないネット広告を打つことができるのです。

② クリック課金で効果がダイレクト

広告において問題となりやすいのは、
広告費の上げる効果が見えにくいということ。

広告の成果

しかし、検索連動型広告であるリスティング広告は掲載した広告がクリックしない限りは広告費が発生しないため、
広告の上げた成果とかかる広告費が完全に連動しています。

ですので、サイト流入者と広告費の兼ね合いからその効果がはっきりと認識でき、
広告運営が非常にシンプルですっきりします。

③ スピード感ある運用ができる

検索連動型広告であるリスティング広告は提供するグーグルアドワーズなどの審査を受けます。

そして、その審査が通りさえすればすぐにでも始めることができ、
広告を打とうと思ってからその広告が世間の目に触れるまでのスピードが断然速くなります。

また、結果や効果も早く表れてきますので、
仮説の検証やその後の計画を立てるための材料もスピード感をもってそろえることができ、
スピード重視のネット社会において大きな効果をもたらします。

リスティング広告のデメリット

それではここでは、検索連動型広告であるリスティング広告のデメリットを見ていきましょう。

① 運用コストがかかる

一般にサイトSEOはあまりお金をかけずにできるものがほとんどです。

ネットビジネスでの収入

しかしながらリスティング広告では当然広告料が発生するため、
運用をし続ける限りのその運用コストはかかってきます。

もちろん広告を掲載して運用コストがかかることを普通はデメリットとは言いません。

また、リスティング広告を代理店に運用してもらえば、
当然そこには運用フィーや折衝コストがかかりますし、
担当者を設ければ人件費がかかります。

② 予算によって効果に差が出る

これもデメリットというよりも当然のことですが、
やはり予算が大きい方が運用に効果を期待できます。
特に、
人気の高い特定の商材に関しては、
ワンクリック当たりの単価も高騰してきており、
ある程度まとまった資金を用意できなければ表示されないということだってあり得ます。

つまり、低額の運用であれば低額な利の効果しかなく、
その対価が上がるごとに効果が増大するという当然の結果がそこにはあるのです。

自サイトの少額運用を目指す人にとっては、
それはやはりデメリットといえるでしょう。

まとめ 余裕があればぜひ利用したい

当然運用コストのかかるものですから必須とは言えません。

広告費はかかるけど

しかし、運用コストを割くだけの余裕があるのでしたら、
リスティング広告はぜひ活用したいものであることもまた、
間違いのないことです。

また、SEO対策とリスティング広告の二刀流でサイト運営を行ってみてはいかがでしょうか。
そのほうが、効果は高まります。

弊社のサービスでは、ホームページ制作を承ったお客様に限り、
リスティング広告の代行も行っています。