Really Simple SSLが最も簡単、インストールからSSL化まで

ではここからは、実際にワードプレスにSSLを導入する方法について説明します。

実際、これまでホームページのSSL化は非常に面倒くさくて、
あまり初心者の方や詳しくない方にはお勧めできない物でした。

しかし、今はそんなことはありません。

というのもWordPressのプラグインであるReally Simple SSLが登場したからです。

このプラグインの登場でホームページのSSL化は本当に簡単になりました、
今回はそのあたりの説明と実際の導入方法を見ていきましょう。

超簡単セキュリティ

これまでのSSL導入の手順。

Really Simple SSLで本当に簡単になったSSL化。

それでは、Really Simple SSLがいかに簡単なのかを知ってもらうためにも、
これまでのSSL化の手順というものを見ていきましょう。

①サーバーでSSL化

まずはサーバーで自らのドメインをSSL化していきます。
これは使用しているサーバーによってその方法は異なってきますが、基本的にはガイダンスに従っていけば何の問題もなく設定できます。

サーバーのSSL設定

②ワードプレスの一般設定でURLを変更

SSL化はHTTPS化とも言われ、
ホームページのURLの先頭にある「http」を「https」に変更しなければいけません。
ですので、
ワードプレス内の一般設定から、WordPressアドレスとサイトアドレスの両者を
「http」から「https」に変更する必要があります。

③内部リンクをすべてhttpsに書き換える

これがかなり面倒な作業になりますが、サイト内の内部リンクをすべてhttpsに書き換えなくてはいけません。
これは②の作業によってサイトのURLが変わってしまっているのですから、それぞれの記事に設定したリンクURLを変えていかない事には、サイトがリンク切れの状態になってしまうからです。

④.htaccessでリダイレクト設定をする

基本的にかなりITに詳しくないと、決していじりたくない場所、
それが「.htaccess」ですよね。

しかしHTTPS化していくためには、
ここをいじって「リダイレクト設定」というものをしなければいけません。

というのも、
ネットの世界では「http」から始まるURLと「https」から始めるURLでは
別のサイトのURLだと判断されてしまうため、
変更前に貼られていた外部リンクがすべて無効になるのです。

また、あなたのホームページのURLを覚えている人が、
サイトを見れなくなるということもあります。

リダイレクト設定は、旧URLで訪問した人を自動で新URLに誘導するというもの。

詳しくは説明しませんが、かなり面倒な作業です。

これがReally Simple SSLならワンクリックになる。

さて、ここまで見たとおりかなり面倒なSSL化。
やっぱりイヤですよね。

それでもワードプレスは他よりはずいぶん簡単なのですが、
はっきり言ってやりたい作業ではありません。

しかし、これをReally Simple SSLで行うと、
先ほど紹介した②~④の手順がなんとほとんどワンクリックで終わってしまうのです。

Really Simple SSLでほぼ問題なし

まずはその簡単な手順を説明します。

①サーバーでSSL化

これはReally Simple SSLでも必要な手順です。

②Really Simple SSLをインストールして有効化する

まずはプラグイン検索で『Really Simple SSL』を検索します。

そしてそのままインストールして有効化しましょう。

③Really Simple SSLを有効化を決定します

有効化をすると、
「SSLに移行する準備がほぼ完了しました」というメッセージが出てきます。

そこに「はい、SSLを有効化します」という文字がありますので、
これをクリックします。

すると一度強制的にログアウトしますので、その後にログインすればOK。

そしてなんと、これで終了です。

SSL化のあとにチェックすること

さて、これでホームページのSSL化は終わりました。
ただ、SSL化のあとに確認しておくべきことがありますので、ここではそれをチェックしていきましょう。

①Googleサーチコンソールの再登録

ワードプレスでのサイト運営ですから
Googleサーチコンソールを使っている人は少なくありません。

しかし、SSL化によってHTTPS化してしまった場合、
このサーチコンソールに登録してあるサイトURLを変更して再登録しなくてはいけません。

詳しくは(https://support.google.com/webmasters/answer/83106?hl=ja)をご覧ください。

②Googleアナリティクスの修正

次に、Googleアナリティクスを修正します。
方法は簡単でまずは
「管理」→「プロパティ設定」を開け、デフォルトのURLを「https//:」に変換します。

その後「管理」→「ビュー設定」でも同じく
設定を変更しておいてください。

③ホームページを表示させる。

設定が終わったら
一応自分のホームページを巡回して確認をしておきましょう。

中には旧式のSNSボタンなどが表示されないですとか
特定のバナーの表示がおかしくなるということもありますので、
きちんと確認をしておくといいでしょう。

SSL化は終了

基本的に、
企業ホームページなら他社の広告バナーがあるということはほとんどありませんので、
一応の確認という程度で構いません。

④URLの先頭がカギマークになっているか確認する

ホームページを表示させた際に、
URLの先頭にカギマークがついているか確認しましょう。
ほとんどの場合間違いなくカギマークになっているはずですので、
一応の確認ということになります。

ホームページのSSL化はReally Simple SSLでほぼ問題なし

御覧の通りReally Simple SSLによるサイトのSSL化は本当に簡単で、
ほとんど手間いらずの状態。

インストールしてから有効化して、
SSL化されるまで時間にして数分です。

SSL化は、これからのネット社会においては、
かなり重要で不可欠な作業になります。

Really Simple SSLを使って簡単便利にSSL化を済ませておきましょう。
本当に便利なプラグインです。