どうして集客が上手くいかない?

ホームページはあるのに、
全く集客に繋がらないと感じている人もいるのではないでしょうか。

今はインターネットの時代ですから、
ネットで集客ができないと会社としての売上の安定にも繋がりません。

多くの人が勘違いしてしまっているのが、
ホームページを作れば集客ができるのでは?
ということです。

ホームページで会社の情報を発信するのはもちろん重要なのですが、
同時にホームページを通してお客様にどんなアクションを起こして欲しいのか?
どんなゴールを設定しているのかを知ることです。

このゴールが明確になっていないと、
ホームページを作っただけでは結果に繋げることはできません。

経営者の悩み

ホームページのコンテンツの役割とは?

ホームページの中にメディアとしてコンテンツを作成して投稿し、
集客に繋げたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

これをコンテンツ・マーケティングといいます。

コンテンツの数が多ければ多いほうが集客できるとか、
SEO対策を考えるのであれば1記事辺りの文字数が多いほうがいいなどといわれることも多く、
コンテンツの数を増やすことばかりに注視してしまいがちになります。

確かにGoogleにホームページを見つけてもらい、
ランキング上位にあげるためにもある程度のコンテンツ数は必要になりますが、
ただ記事数を増やせばいいわけではありません。

起業のアイディア

コンテンツを作成する上で
どんなゴールを目指したいと思っているのかを明確にすることが大切です。

例えばホームページとしてのアクセス数を増やしたいのか、
ソーシャルメディアでの拡散を狙いたいのか、
その目標をはっきりとさせない限り、
コンテンツで集客することはできません。

例えば、あなたのホームページにコンテンツが投稿されていたとして、
お客様から何もコメントがない場合は、
もしかしたらホームページとしての価値を見いだせていないのかもしれません。

もしくは納得してもらえないコンテンツを公開してしまっていることになるのです。

ホームページで集客した後のゴールは?

ホームページに多くのお客様が訪れてくれるようになり、
PV数も増えて集客に繋がったと仮定します。

その後にあなたはどんなプロセスを考えていますか?

ホームページのPV数が増えているのに、
売上に結びついていない場合その後のゴールが明確になっていない可能性が考えられます。

お客様にどんなアクションをして欲しいですか?企業によっても、
そのゴールは皆違うはずです。

無数のアクション

ホームページから商品を購入してほしい
まずは無料の資料請求をしてほしい
会社宛に問い合わせをしてほしい
実際にお店に来店してほしい
メルマガに登録してほしい

などなど、集客した後にどんな行動を起こしてほしいのか?
が明確になっておらず、
目的が曖昧になってしまっているホームページを良く見かけます。

コンテンツを増やすことばかりを意識してしまい、
結果に繋がらなくなってしまうのです。

実際に「ホームページを見て問い合わせをしました」という人が少ないな…。

と感じている企業も少なくはないのではないでしょうか。

ホームページを作れば集客ができるようになる!
なんて謳い文句の会社を良く見かけるのですが、
本当にホームページをただ作るだけで結果が出るなら、
もっと多くの企業が結果を出しているはずですよね。

それがどうしてできないのか?
と考えてみると実はホームページを通して集客した場合の、
お客様に対してのゴールが明確にならなくなってしまっている場合が多いのです。

それに気付けていないホームページでは結果は出ませんよ!

ホームページのゴールが決まっているとどうなるの?

ホームページとして重要なお客様を集客した後のゴールが決まっていると、
コンテンツの記事をどうするべきなのかが明確になってきます。

例えばこの記事は誰に向かって書いたものなのか?
年齢層や性別はもちろん、
どんなお悩みを持った人がホームページに訪れているのかを考える必要があります。

そのためには実際に既存のお客様はどんな人で、
何を目的にアクションを起こしてくれたのかを知る必要もあります。

知る→分析して初めてそのデータを元に
あなたのホームページに最適な集客方法が見えてきます。

またたくさんある記事の中で、
特に読んでほしい記事はどれになるのか?
この記事は他の企業との差別化ができていて、
たくさん同業者があるなかであなたの企業を利用したいと思わせるような価値があるのか?

決断する

さらに迷っていてなかなか行動できないお客様の為に、
ゴールを促すための背中を一押するのは、
どのコンテンツになるのかを考える必要があります。

もちろん実際に記事を読んだ上でユーザーが欲しい!
とか役に立ったと思えるゴールが設定されているのかも重要です。

ホームページのゴールを決める為に

ホームページのゴールを決めると言われても何からスタートしたらいいのか、
考えれば考えるほど迷宮入りしてしまう場合があります。

まず今のホームページがどのような状態にあるのかを知ることが大切です。

例えばホームページを作った後にどのぐらいの頻度でアクセス分析をしていますか?

分析ができていないホームページは数値に基づく改善ができていないので、
集客ができなくなってしまいます。

そもそもホームページを訪れたお客様の反応が良いのか悪いのかの判断もつかなくなってしまいます。

集客する為には基本となります。

またペルソナを決めることも大切です。

ペルソナとは商品やサービスの対象となるユーザーの具体的なイメージになり、
実在する人物のように延齢や性別・年収など詳細なプロフィールを設定しておきます。

ペルソナができていれば、
どんな内容のコンテンツが求められていて、
心に響かせる為にはどうしたらいいのかを明確にすることができるのです。

ホームページの集客が上手くいかない時こそ、
中身を改善するチャンスだと思いましょう。

本来ユーザーにとって価値の高いホームページであれば自然と集客することができますし、
満足した内容のものにでき、
企業として求めているゴールを目指すことができるのです。

集客できるホームページになっているかどうか、
今一度見直してみるのをおすすめします。

キーワードチェック