「All in One SEO Pack」のライバル「Yoast SEO」

WordPressでサイトを作成すると、
検索順位をあげてユーザーの数を増やすためにもSEO対策を行う必要があります。

でもSEOに関する知識もないし、
なにからスタートすればいいのか迷ってしまいますよね。

そんなあなたにこのプラグインさえ入れておけば、
SEOの知識がなくとも
あなたのサイトを評価してもらうためのポイントをしっかりと抑えてサポートしてくれます。

Yoast SEOの名前は聞いたことがあっても使ったことのないあなたに、
Yoast SEOについて詳しく説明していきます。

Yoast SEOとは?

Yoast SEOとはもともとオランダのYoastにて2008年に開発された、
WordPress専用のプラグインとなります。

SEO最適化の機能を持ち合わせており、
世界で700万件以上インストールされ、
14,000件以上の五つ星を獲得しています。

人気も高くその昨日に対して高評価のプラグインとしても知られています。

基本的にはほとんどの機能をすべて無料にて使用することができますが、
有料版にすると、さらに多くの機能を利用できるようになります。

例えば有料版では
「内部リンク提案」
「コンテンツチェック」
「レダイレクト管理」
「24時間サポート」
などの機能もついてきます。

またサイトをより高い価値にするためにも
「広告非表示」を設定できるのも有料のメリットです。

無料でもSEO対策としては十分な機能がありますので、
まずは無料のものから挑戦してみてもいいかもしれません。

これだけの機能があれば
他のプラグインはいらないといっても過言ではないほどです。

SEOに特化したプラグインは他にもありますが、
もともと設置されている機能によってどのSEOに特化したプラグインを選ぶのかは、
サイトにとってとても重要です。

同じようにSEO最適化を目的としたプラグインの場合、
中身の機能が重複しているところもありますので、
いずれか一つインストールすれば十分です。

Yoast SEOの使い方

重複してしまうと正常に機能が使えなくなってしまう場合もあります。

Yoast SEOの便利機能とは?

SEOといっても様々な種類があります。

Yoast SEOではどんな設定ができるのかまずは詳しく把握していきましょう。

驚きの機能がたくさんありますので、
すべてを設定することもできますし、
この中から必要な機能のみ有効化することもできます。

サイトですでに設定ができている内容は、
あえて設定しなくてもいいでしょう。

  • Google検索結果のページプレビュー
  • コンテンツの分量やキーワード数などのチェック
  • 文章の読みやすさや解析、キーワードの指定効果
  • HPや投稿・個別ページなどのタイトルタグやメタディスクリプションのタグ設定
  • 重複コンテンツを防止するためのcanonical
  • サイトの中のリンク切れを防止する
  • FacebookやTwitterなどのシェアボタンを設置する
  • robots.txt・htaccess filesなどの編集が必要ない
  • XMLサイトマップを自動で作成してくれる
  • FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアの設定

さらに、パンくずリストを設置して閲覧者と検索エンジンの両方にわかりやすくしている機能もあります。

例えば、リストの間の区切りやホームページ用のアンカーテキスト、
404ページのパンくずリスト、
アーカイブや検索ページなどの接頭辞などもあります。

インポートとエクスポート機能によって、
同じ種類のプラグインとの乗り換えもできます

など、SEOの基本設定のすべてはこのプラグインだけで十分に設定ができます。

初期設定の手順はウィザード形式で用意されていますので、
漏れがなく不備の心配もなく設定を行うことができます。

ただし他のプラグインと比較して設定がややこしい一面もありますが、
それだけの価値は十分に期待できるプラグインと言えるのです。

また英語表記になりますが、Google翻訳機能を使って設定を行えるので安心です。

Yoast SEOの覚えておきたいこんな機能も

Yoast SEOならではの驚きの便利機能を紹介します!

こんなに優れた機能があるのに使わないなんてもったいないと思いませんか。

SEOの設定が面倒だから…と諦めていた人にもおすすめします。

(1)タクソノミー

Yoast SEOの便利機能の中でも特に人気があるのが、
タイトル設定のタクソノミーです。

カテゴリーページにあるタイトルのタグの置き換えをしてくれるものになり、
カテゴリーページを検索結果の上位にしたい時に使える便利な機能です。

他のSEO最適化プラグインにはない機能になりますので、十分に価値があります。

SEOを意識していないで設定したタイトルは何の意味もなくなってしまい、
お飾り程度の価値しかありません。

あなたが攻略していきたいキーワードや、
関連したキーワードを含ませ誰もがわかりやすいタイトルを付けることが大切です。

SEOの知識が少ない人でもしっかりとサポートしてくれます。

(2) XMLサイトマップの設定

検索エンジンに対してサイトの存在を知らせる機能です。

例えば新しいページを作成した際に、
Googleの検索エンジンにそのページを知ってもらわなくてはいけません。

ただし何の対策もしなければ認知されるまでに時間がかかってしまいます。

XMLサイトマップを使えば、
いち早く存在を知らせることができるのです。

(3) インポート機能

Yoast SEOにはAll in One SEO Packなどの別のプラグインを使用していて、
移行する時に便利なインポート機能があります。

別のプラグインに刷る場合、
設定をやり直さなくてはいけなくなってしまうのですが、
Yoast SEOならその心配がありません。

他にもHeadSpace2や、
WooThemesSEOなどのプラグインをインストールすることもできます。

すべての項目ではないにしても、
タイトルやメタ説明文などをすべて書き換えることなく引き継げるのは便利です。

どの機能も便利なものになりますので、
有効化しておくのをおすすめします。

Yoast SEOにもメタタグキーワードを設定する機能があるのですが、
Googleではメタタグキーワードを重要視していませんので、
使用するかどうかは検討してみてもいいかもしれません。

有効化にするとnoodp、noydirなど自動挿入してくれます。

Yoast SEOはこんな人におすすめ

Yoast SEOのプラグインを使おうか迷っている人もいると思います。
こんな人におすすめです。

  • Yoast SEOでSEOに最適なサイトを作成したい
  • サイトの集客を行うためにSEOを強化して欲しい
  • 作業効率をあげてサイトにかける時間を増やしたい
  • 安定した収益を得られるサイトを作りたい
  • 無料版から試して有料版に切り替えたい
  • 安定したプラグインの機能でサイトを作りたい

など、SEO最適化ができているサイトを作りたい人におすすめです。

特に入れない理由がないのであれば、
入れておいたほうが便利な機能といえます。

Yoast SEOのデメリット

他のプラグインと比較してもかなり多機能なプラグインであることは間違いありません。

Yoast SEOのデメリットとは?

Yoast SEOはSEO最適化のプラグインとしてはとても優秀です。

ただしデメリットもあります。

例えばWordPressのテーマによって動作が機能しないこともあります。

機能しないだけではなく、
最新のテーマは、SEO対策機能を持っていることが多いのですが、
その機能を相殺してしまうことがあります。

どうしてもテーマとプラグインの相性が悪い場合もありますので、
事前に調べた上で行うようにしておきましょう。

またSEOの知識がなくてもと紹介しましたが、
いくつかの専門用語だけは最低限押さえておかないと
Yoast SEOを使う時に不便さを感じてしまうこともあります。

専門用語を理解していれば、
より設定に正確性が増しますし、
高度な活用にもいかせます。

必要な専門用語に関しては、
今後、このブログで説明したと思います。

プラグインを選ぶ時に最も悩むのは、
これからもプラグインの機能を安定して使用できるのか?
という点ではないでしょうか。

Yoast SEOは人気の高いプラグインになりますので、
無料版・有料版に関わらず信頼できるプラグインだと言えます。

SEOを取り入れたサイトを作りたいと思っている人におすすめするプラグインです。