「Elephant3」 は高機能とデザインが売り!

穴のない安定感のElephant3

Elephant3 は、Elephant、 Elephant2と進化を重ねてきたワードプレステーマです。

その進化の過程で弱点を克服し、
よりユーザビリティーと集客力をアップさせてきたその特徴は、
なんといっても穴ななさに限ります。

しかも、初心者にとってありがたいテーマであることもその特徴のひとつ。

特定のテーマを使いたいわけではない初心者であれば、
Elephant3 を使ってみればいい、
それくらいの魅力のあるテーマです。

値段のことを考えなければ、ですが。

Elephant3のポイントは?

Elephant3を見ていくうえで欠かせない要素は、コスパ。

もちろん良いテーマにはそれなりのコストはかかるものですが、
とはいえコスパの悪いものを簡単に選ぶようでは経営者としては失格。

それはワードプレステーマでも同じことで、
きちんとしたコスパ意識というものをもってElephant3の内容について迫っていきましょう。

Elephant3 のメリット

ではここからはElephant3 のメリットを見ていきましょう。

集客機能の充実

ワードプレステーマは、
アフィリエイトブロガー特化の物が多いのが実情。

 

しかし、このElephant3 に関して言えば、
店舗ビジネス向け、
もしくは個人事業主や企業のホームページ向けの機能が充実しているという点が大きく評価できるところです。

とくにSNSや電話を使ったお問い合わせ機能がデフォルトで存在している点に関しては、
まさに企業のホームページとして、
痒い所に手が届く機能であることは間違いありません。

SEO評価が高い

グーグル公式のSEチェックツール
「Lighthouse」においてなんと100点満点のスコアを叩き出しているElephant3

当然ですが、
ホームページのSEO能力は、自分で書いていく記事内容などに大きく左右されますが、
その下地であるテーマ自体のSEO評価が高いに越したことはありません。

しかも100点満点は、有料テーマでもなかなかお目にかかれない点。

SEOを考えていくことが、
ホームページ作りの基本出る以上、
この評価の高さは大きなアドバンテージとなるでしょう。

カスタマイズが簡単

もはやワードプレステーマを購入するうえで必須条件に近いカスタマイズの利便性。

もちろんElephant3 でも、
カスタマイズに関しては抜群の利便性を誇っており、
CSSやHTMLを知らない人でもきちんと思い通りのカスタマイズができます。

また、その自由度は高くカスタマイズの幅の広さも十分評価できるレベル。

ウィジェットの設定箇所も多く、
かなり自由に自分好みのサイトにしていくことができるテーマになっています。

表示速度が速い

Googleの表示速度測定では、
何もないまっさらな状態で100点満点中モバイルで97点、
PCで93点。

表示速度が速い

これは言うまでもなく高得点で、
2018年初頭に出されたGoogleの検索基準に表示速度が入っていることが公式発表されたことからも重要な要素です。

 

そう、今やいくらおしゃれでも機能が充実していても、
表示速度が遅いデメリットは大きいのです。

ホームページの検索評価を上げるためにも、
表示速度の速さは大きなメリットです。

Elephant3 のデメリット

ではここからはElephant3 のデメリットを見ていきましょう。

価格が高い

単体購入で21600円、
サポートつきプランでは39800円と有料テーマの中ではけっこうお高め。

複数サイトでの使用ができるといっても、
ホームページを一つしか持たないと決めている人にとっては必要のないことで、
この値段の高さはかなり気になります。

サポートつきプランもサポートの内容次第ですが、
それにしても39800円はかなり高額。

相当充実したサポートでない限りコスパがいいとは言えませんね。

サポート内容が万人受けしない(BMS)

サポートつきプランのサポートの目玉は
BMS(ブログマーケティングスクール)半年間無料。

しかし、当然このサポートは、
他にホームページ運用のサポートをしてくれる人がいない場合にのみ有効なものですし、
コンサルタントがいる場合などはあまりおすすめできません。

というのも、
基本的なサイト運用(ホームページ運用)の方法は似たり寄ったりですが、
それ以上となるとかなり考え方に違いが出ます。

船頭多くして船山に上るの例え通り、
多くの人の意見を聞きすぎるのも問題です。

サポート内容が万人受けしない。(オレンジメール)

有料メルマガ配信システム、オレンジメール。

このオレンジメールを半年間、
普通に払うと27860円かかるところ半年間は無料で使えるというのも、
サポートつきプランの内容。

しかし、有料メルマガを使わない人、
もうすでに使っている人には大きなメリットにはなりえません。

Elephant3 のポイントは自分にとってのコスパ

基本的にElephant3 には
これといって欠点はありません。

またSEOに強いことや表示速度が速いという点、
企業ホームページに向いている、
個人事業主に使いやすいという点はかなり高い評価を与えてもよいでしょう。

しかし、やはり値段の高さには一考の余地があります。

しかも、サポートプランにおけるサポートもかなり使う人選ぶ内容ですし、
あたしいテーマのため、関連サイトが少ないのもデメリットです。

ですので、Elephant3 を使うかどうかは、
きちんと自分で色々吟味して解説サイトでの主張ではなく
自分にとってのメリットがあるかどうかをしっかり考えることが重要です。

何度も言いますが、機能的には問題がなく、
というかむしろかなり使い勝手のいい優良なテーマであることは間違いないのです。

ですので、懐と相談して、
コスパに問題なしと思えば、使って行って損のないテーマといえるでしょう。