ホームページを作る時最初に何を考えますか?

通常は、どこの業者に依頼するのかを悩むと思います。

ただし、最近ではホームページ制作専門の業者だけではなく、
様々なクラウドシステムを使って、ある程度自分で制作する環境も整っています。

制作業者に依頼する以外に、
どんな方法があるのか見てみましょう。

無料ホームページ制作を使う

アメブロとかJimdo、Wix、ペライチなど、
ホームページを簡単に作れるサービスを提供しているところがあります。

Wix

こういったサービスは、
メールアドレスや個人情報と引き替えに無料でホームページを作ることができます。

有料版にランクアップするとさらに様々な機能を使うことができます。

Wixやペライチに関しては、
別な記事でも解説していますので、興味のある方は一読して下さい。

とにかく簡単に無料でホームページを作りたい方は、良い方法です。

私も、これを勧めることがあります。

ただし、Jimdo、Wix、ペライチなどは、
どれもサーバーの速度が遅く、表示時間はあまり芳しい数値になりません。

また、所詮は決められた型の中で作りますから、
ある程度決まったホームページにしかなりません。

拘りのホームページは作ることができません。

詳しい人へお願いする

自分では無理な場合、
ネットとかに詳しい知人にお願いするという方法もあります。

詳しい人

これも制作費を抑えることができるでしょう。

ただで作らせるのか、
ある程度謝礼を払うのかは、その人との関係によります。

ただし、作ってからの維持管理まで頼むことは難しいと思います。

この方法で作った場合、
大抵放置されたホームページになっています。

クラウドソーシングを活用する

フリーランスの方や副業でホームページを作成している方々もいらっしゃいます。

こういった方にお願いすることで、
結構きれいなホームページが出来上がります。

フリーランサー

ただ、自分で作るや知人に頼むよりも費用が必要になります。

ただし、品質や作り方にはバラツキがあります。

ひじょうに丁寧で親切に対応して下さる方もいますが、
そうではない方もいます。

まさに玉石混交です。

依頼の仕方でも変わりますからご自身もしっかり考えて下さい。

フリーで制作している方は、
あなたのビジネスを理解している訳ではないし、あなたの応援者でもありません。

費用もバラバラですが、
10ページ程度のホームページで10万円~20万円程度が普通です。

また、記事や文章は全て自分で書かなければなりません。

格安ホームページ制作会社に依頼する

39,800円や59,800円でホームページを作ってくれる会社があります。

格安

知人に詳しい人がいない。

無料サービスを使って自分で作るのに不安がある。

クラウドソーシングで相手の方とやりとりするのが慣れていない。

こういった方は、経費の範囲で抑えられる格安ホームページ制作会社を選びましょう。

ある程度出来上がった、パターンの中で作るだけですから、
決まったデザインになります。

それと、これもしっかり目的などを告げて制作させないと自分の思ったホームページにはなりません。

依頼の仕方が重要なのはフリーの制作者に頼むのと同じです。

それと、この金額で制作している業者は、
ほとんどが毎月の管理費を1月5,000円~10,000円程度請求します。

ですから、
5万円で制作しても、毎月6,000円払えば、1年目で5万円+72,000円掛かります。

格安ではないホームページ制作会社

すべての設定やデザインを対応してくれます。

丁寧な対応

後々の相談やサポートなども行っている場合があるので、
制作会社としではなく、ビジネスパートナーとして長くお付き合いしたい方には良い選択です。

欠点はお金が掛かることです。

士業や個人事業主のホームページでも(10ページ程度)、100万円程度掛かることは普通にあります。

お金に余裕があって、拘りのホームページを作りたい方には良い方法です。

記事や文章もある程度作成して貰える場合が多いです。

自分で作る

依頼先ではありませんが、制作方法として最も費用が掛からない方法です。

自分でやる

自分でホームページを動かすサーバーを契約する。

独自ドメインの契約をする。

ワードプレスなり他のCMSをインストールして設定する。

最後には必要なページを作り、文章を入力し、画像をはめ込む。

時間と労力は必要ですが、制作費ゼロ円でホームページが出来上がります。

ただし、スキルが必要です。

また、パソコン教室やeラーニングなどでホームページ制作の勉強が必要になることもあります。

万人向けではありません。

ホームページ作成で重要なこと

上記のように依頼先を考えた後は、以下のことを纏めて下さい。
自分で作るにしても、
依頼するにしても目的や顧客のことが考えられていないと良いホームページにはなりません。

ホームページを作成するとき、
重要なポイントを忘れがちです。

これからホームページを作成されるとき、
思い出してもらうためにポイントをお伝えします。

誰に向けてのホームページなのか

ホームページを作るだけなら、
実はそんなに難しくはありません。

最近では便利なツールも用意されていますし、
少しパソコンを扱うことに慣れていれば出来ます。

だからと言って、
ただホームページを作れば成功するかというと、そんなことはありません。

これから作るホームページで成功を手に入れたいのなら、
ホームページで、誰に、何を、どう売るかをしっかり考えて下さい。

そこまで考えて作らないと、
出来上がったホームページは、あなたの自己満足、
制作者の自己満足だけで終わってしまいます。

自分だけの主張

目的は何か

ホームページを作る目的はなんでしょうか。

集客ですか?
売上げを上げたいのでしょうか?

売上げアップ

何となく作るのなら、作らない方が良いのです。

ホームページを作ることで、
あなたは何かを手に入れたいのだと思います。

手に入れたいこととはどんなことでしょうか。

なぜ、手に入れたいのでしょうか。

目的をはっきりしておかないと、
キレイなホームページを持っているだけになってしまいます。

趣味ならそれでも結構です。

しかし、ビジネスだとそれでは困ります。

ゴールの設定が必要です

ホームページのゴールは何かを決めておきましょう。

  • この場合のゴールとは
  • メールでの問い合わせ
  • 電話での問い合わせ
  • 販売

これに正解不正解はありません。
あなたがホームページを作ることで何をしたいのかを決めれば良いのです。

ホームページ作成の相場とは

相場は有って無いような状態です。

無料のホームページもあれば、
3万円代で手に入るところもあります。

反対に、20万、50万、100万という金額のところもあります。

どうしてこんなに幅があるのかというと、
ホームページの見た目は似ていても、内容に違いがあるからです。

    • 集客するための仕掛けがある
    • 販売するための仕掛けがある
    • 問い合わせを生む仕掛けがある

    他に制作者側の裏事情もあります。

    そもそも、普通の人はホームページ制作の原価が分りません。

    マーケティングやセールスなどに関する知識や技術がホームページに取り入れられていると、
    どうしても価格が高くなってしまいます。

    また、SEO対策などが取り入れられているとこれも高価格になります。

    ホームページ作成で準備すること

    ホームページ作成の方法は色々とありますが、
    作成に準備することは同じです。

    あなたもホームページを作成するときには、忘れずに準備しておきましょう。

    以下は、自分で作る時には関係ありません。

    外部に依頼する場合、
    準備すべき事項です。

    予算を考える

    予算は大切です。

    そして、悲しいことに高い費用のところが良いホームページを作るとは限りません。

    いくらまでなら出せるのかを考えておいてください。

    予算に応じて依頼するところが変わってきます。

    予算

    マーケティングまで取り入れたホームページが欲しいけれど、
    予算が3万円までしか無理ということなら他の手段も考えましょう。

    予算をアップさせるか、
    制作は自分で行い、マーケティングの部分だけをコンサルタントさんなどに依頼するという方法もあります。

    納期は明確にする

    いつまでにホームページを公開したいのかを決めましょう。

    あなたのビジネスを何時から初めて、
    どのくらいの期間で伸ばして行きたいのかを考えて下さい。

    ですから「いつでもいい」はあり得ません。

    タイムイズマネーです。

    タイムイズマネー

    納期があってこそ、真剣に集中して取り組めます。

    また、依頼先が納期を守れることも大切なポイントです。

    デザインを大まかに決める

    どのようなデザインをイメージしているのか、明確にして下さい。

    イメージしたデザインにならないかもしれませんが、
    まずはあなたのイメージを伝えないと曖昧なものが出来上がってきます。

    メインカラーなどは、簡単に変更できるように作ると、
    後で困ることがありません。

    ページ数を決める

    どのようなページが欲しいのかを書き出しておきましょう。

    どこか他のホームページを参考にしても良いです。

    ページ数によっても予算が変わってきますので、

    先に欲しいページを決めておいて下さい。

    画像を準備する

    ホームページには画像が必要です。

    有料画像、無料画像を使うこともありますが、
    あなたの会社や商品、サービスに関しては自分で用意する必要があります。

    特に士業や個人事業主の場合、
    あなたがショーウィンドウに立たなければならないこともあります。

    なるべく、プロのカメラマンに撮影してもらってください。

    自分で撮影したのとは全く違ったものが出来上がります。

    テキストの準備

    画像と並んでホームページに必要なのがテキストです。

    それぞれのページにテキストが必要となります。

    わかりやすい文章。

    行動を生み出す文章。

    納得してもらう文章。

    この部分は「セールスコピー」と呼ばれるライティングスキルが必要となるところです。

    自分で文章を考えて書かれても良いですし、
    プロのセールスコピーライターさんに依頼されても良いでしょう。

    フリーのライターさんに頼むと、1文字1円~5円ぐらいです。

    依頼するとき押さえておきたいポイント

    ホームページを自分で作る場合には関係ありませんが、
    自分以外の人へ依頼するときには、次のポイントを押させておきましょう。

    このポイントが曖昧だと、結構ストレスが溜まります。

    ホームページ作成以外は誰がするのか

    作成以外にも作業があります。

    作成のスケジュール調整やチェック。

    あなたの事を伝える方法。

    ミーティングの方法。

    ホームページを動かすサーバーの契約。

    ドメインの契約。

    有料画像を使う場合なら、契約は誰がするのか。

    こういったことは、はっきりしておきたいところです。

    あなたは「依頼先がやってくれるだろう」と考えていても、
    依頼先からすると「あなたがやってくれている」と思い込んでいる場合もあります。

    画像と文章は誰が担当するのか

    この2つはホームページに大きく影響します。

    だから画像と文章は誰が担当するのかを明確にしておかないと、
    最後の最後に慌てて中途半端なものが出来上がる可能性もあります。

    あなたが画像と文章を用意するのか。

  • 依頼先が用意するのか。それとも、画像はカメラマン、文章はライター、それぞれの専門家へ依頼するのか。お互いが「たぶんやってくれているだろう」で進むと後で悲惨なことになります。

    見積もりに含まれている内容をチェック

    見積もりは必ず出てきます。

    見積もりが出てこないところとは契約してはいけません。

    見積もりが出てきましたら、内容をチェックします。

    そして、見積もりにはどこまでの作業が含まれているのかを確認しましょう。

    画像や文章の作成まで入っているのか。

    有料画像の費用も入っているのか。

    サーバー設定料も含まれているのか。

    作成後のサポートは何ヶ月分入っているのか。

    こういった内容を確認しておいてください。

    連絡は早いか

    依頼する前、依頼してから。

    担当者とメールや電話で連絡したとき、
    どれくらいレスポンスが早いでしょうか?

    これはチェックが必要です。

    レスポンスの速度は、
    依頼先があなたへどれくらい興味を持っているのかのバロメーターです。

    最初からレスポンスが遅いのなら、
    その依頼先は今後もレスポンスが遅くなるでしょう。

    そうすると困るのはあなたです。

    だって、相談したいのに連絡が取れないのです。

    イライラの元になります。

    イライラ

    ホームページは作って終わりではありません

    ホームページは作って終わりではありません。

    むしろ作ってからがスタートです。

    ホームページを作成すると、
    それだけで満足し達成感が沸き起こります。

    この気持ちはわかります。

    しかし、満足してここで終わってはいけません。

    ホームページは作ると言うより育てるものです。

    PDCAは永遠に続きます。

    PDCAサイクル

    分析と改善を繰り返し、戦略を考え、
    集める方法をテストすることが大切です。

    もしあなたの予算が可能なら、
    ホームページ作成後にもこういったことが相談できる依頼先を選んでおくと、
    安心してビジネスを拡大することができるでしょう。

    まとめ

    ホームページを自分で作らない場合のポイントを説明しました。

    ホームページ制作を依頼するとき、
    どこに頼むかで成功までの距離が変わります。

    ただ制作するだけのところ。

    一歩踏み込んだ部分までフォローしてくれるところ。

    制作した後も、あなたのビジネスに関わり提案しながら成長を助けてくれるところ。

    どれが良い悪いではなく、
    あなたが望むのはどのタイプのホームページ制作会社なのかということです。

    ぜひ、今回の内容を参考にして下さい。

    あなたが、望むホームページ制作業者が見つかるはずです。

    ネット集客の第一歩