必要なのはSEO対策ではない

目的は売上げを上げること、SEO対策はその手段

最近では、ネットを通じた売り上げアップというと
脊髄反射的に「SEO対策」という人がいます。

これがいわゆるホームページを作成する素人であればそこまで大変な事態ではないのですが、
プロの人間ですら「なにはともあれSEO、そしてすべてはSEO」といった考えの業者がいるのが現状です。

ですから、SEO対策の専門業者が存在し
業者自らは、SEO対策をしないで、
電話営業を行っています。

しかし、SEOは万能の魔法でも、
商売の王道でも何でもありません。

いうなればそれは一つの手段、
もしくはあまたある商売におけるツールの一つでしかないのです。

SEO対策

SEOができることはたったの一つ

まずSEO対策でできることは「たったの一つ」である、
ということをしっかり認識しておきましょう。

検索画面における優位性を作る

SEOにできること、それを説明するならば、
検索画面での優位性を作る、たったそれだけです。

SEOとは”Search Engine Optimizationの略で、
これを日本語に直すならば「検索エンジン最適化」という意味であり、
SEO自体にはそれ以上の意味はないのです。

つまり、SEOは検索エンジン(今ではほとんどGoogle)の検索画面にどれだけ上位で表示されるか、
そこにしか影響しないものだということなのです。

検索エンジンの上位で表示されるとは重要

検索エンジンの上位で表示されるというのは、
ではどう言いうことなのか。

それは、もちろんホームページを運営するうえで大切な事であるのは間違いなく、
簡単に言えば顧客があなたのホームページを探しやすくするという重要な役割。

ネットの海は、今や全世界をカバーする広大な宇宙のようなもの。

その世界で、
ユーザーは検索エンジンを主に使って、目的の場所を探します。

キーワード抽出

ですから検索エンジンで上位に表示されることが大事であるというのは、
これは否定できることではありません。

しかしそれは入り口までの案内でしかない

しかし、いかに検索上位で表示されても、
それはそれ以上の意味を持つものではありません。

確かに、あなたのサービスを利用する潜在顧客の発掘や誘導には大きな力を発揮しますが、
SEOにできることはそういった人たちをあなたのホームページに連れてくることだけです。

いうなれば
「潜在顧客をあなたの事務所なり店舗の入り口に連れてくる」それだけのことです。

もちろん、
潜在顧客を店の入り口にさえ連れてきたら商売は何もしなくても大成功。

というわけではない事は、言わずもがなですよね。

実店舗で考えればすぐに分ると思います。

それがインターネットだと勘違いする人が多いのです。

SEOは当たり前、大事なのはその先

SEOは入り口までの誘導しかできない、
本当に大切なのはその先にあるのです。

入口に立った時その先が魅力的なのか。

SEOは入り口までの誘導。

まず大事なことは、入り口に潜在顧客が立った時、
その中に魅力的なものがあると感じさせることができるのか、という点になります。

しかも普通の店舗と違い、ネット上にあるホームページは、
見切りをつけられるのも本当に早いものです。

時間と労力を割いて、
店の前まで来た時に「ちょっとどうかな?」と思っても、
そこまでの来て帰ることを考えれば、きっと潜在顧客は店に入ってくれるでしょう。

来店・アポイント

しかし、ホームページではそうはいきません。

入り口であるフロントページに立った時、
潜在顧客の心に何も訴えかけるものがなければ、
そこに入ってみようと思うことはないのです。

入った潜在顧客をそこにとどまらせることができるのか。

次に大事なことは、
入ってきた潜在顧客をそこにとどまらせることができるのか、ということ。

これも実際の店舗や事務所であれば、それこそ人間関係上、
あいさつをされてお茶の一杯も出てくれば、
なかなか簡単に帰ることもできません。

やりようによっては、
説明を一通り聞いてもらうことなど、造作もないことです。

しかし、ホームページにおいては、
出ていくときはそれこそワンクリック。

何の躊躇もなく、潜在顧客は広大なネットの海へと消えていき、
あなたの会社とは何の関係もない一般人へと戻ってしまうのです。

とどまった顧客を商売につなげられるのか

そして最後に大切なことは、
とどまってくれた潜在顧客を顧客にできるのか、ということです。

顧客へのプレゼント

実は一番多く間違えている人の多いところで、
ホームページはいったい何のために作っているのかということについてしっかり認識しておくべきところでもあります。

たとえば、
これが大手一流企業であるならば、
ホームページの効用は企業イメージの向上というだけでもいいでしょう。

もしくは社長の趣味のブログなら、
自己満足が目的で問題ありません。

しかし、個人事業主や中小企業の経営者にとってホームページとはそんなに悠長なものではなく、
売り上げのために存在するものなはずです。

そう、ホームページに訪れてくれて、長い時間滞在してくれて。

そして、それが「商売につながって」初めて、
そこにホームページを作った意味ができるというわけです。

逃げていった潜在顧客をつなぎとめておけるか

ホームページにきて、
残念ながら商売につながらなかったといって、
簡単にサヨナラではもったいない話。

ホームページには、そういった、
一度は離れていった潜在顧客の心に、何らかの印象や、
もしくは便利で役に立つページであると認識してもらうことでつなぎ留めておくという役割もあります。

そう、ビジネスチャンスは一度きりの勝負ではないのです。

もし、
そのホームページに、潜在顧客が何度も訪れたいと思えるようなバリューが存在し、
魅力があるのであれば、それはいつか商売につながるかもしれません。

ホームページには、そんな役割もあるのです。

SEOはしっかりとしかし、それだけで終わってはいけない

つまりSEOとはホームページに求められていることの最初の一歩。

ゴールではありません。

この最初の一歩がきちんとしていなければ何も始まらないのですから、
確かにこれを大切にしようという考え方はまちがってはいません。

しかし、あくまでもそれは最初の一歩。

初めの一歩

ホームページの果たさなければいけない役割は、
むしろその先にこそ本番があるといっても過言ではないのです。

ですからSEOにとらわれてそこしか考えていないホームページ作りの効果は薄いですし、
それしか売りにしていない業者など問題外。

SEOは当然しっかりとやる。

そして、その先にあるものをしっかりと見据えて初めて、
素晴らしいホームパージづくりができることを、
しっかりと認識しておいて下さい。

ネット集客の第一歩