Webサイトの成功に必須:SEO対策とは何か?

SEO対策は何から始めるべき?

現在、Webサイトの効果を決定づける要素として、
欠かすことができないもの、それがGoogle検索。

どんなに優れたWebサイトでも、
またどんなに魅力的なサービスを提供する企業のホームページでも、
グーグル検索の上位に表示されなければ、その効果は皆無。

アクセスが上がらない

そして、そのグーグル検索対策として行うのがSEO対策と言われるものです。

SEO対策とは?

SEO(Search engine optimization)とは、
日本語で表すと「検索エンジン最適化」といいます。

つまりSEO対策とは、
検索エンジンに効率よく拾ってもらえる(最適化する)サイトづくり対策と考えてもらって間違いはありません。

現在、
サイト訪問者の大半は検索エンジン経由でURLを頼りに訪問する人はほとんどいません。

その中でも、
この日本において最もその利用率の高いGoogle検索エンジンに最適化させることこそ、
今日においてサイトの有用性をアップさせる最短の方法。

検索上位者の一人勝ち

もちろん海外向け専用サイトであれば、
その国の検索エンジンに合わせる必要はあります。

しかし、もし日本において効果をもたせたいサイトであるならば、
Google検索エンジン対策で十分、
というよりあるいみマスト。

まさに、サイト活用のイロハのイと言えるものなのです。

SEO対策が生むメリット

SEO対策の最終目標は、
宣伝費をかけずに販促効果を出すこと。

検索エンジン最適化で、
検索上位にするということはそういう目的意識が存在するのです。

ニーズにダイレクトな集客ができる。

SEO対策によってサイトを訪れる人は、
検索を使って訪れます。

つまり、「ランチ 池袋」のような検索を行ってサイトに訪れるわけですから、
そのサイトへの訪問目的がしっかりしている、
つまり顧客ニーズが明確な訪問者です。

このとき、
池袋でランチを提供するお店が「池袋、ランチ」をキーワドにSEO対策を行っていればどうでしょう。

池袋でランチ

グーグル検索によって「池袋 ランチ」と検索して上位に表示されたお店の
サイトを訪れた利用者が顧客として消費行動に映る可能性は高くなりますよね。

顧客ニーズにダイレクトであるということは
アクション率の高い集客ができるということなのです。

利用者の安心感につながる

Web利用者にとって検索エンジン、
つまりGoogleやYahoo!はネット上における道標。

ある意味、ネット上は信頼感の高い空間でないところでもありますから、
そんな中GoogleやYahoo!の検索結果の上位に表示されるということは、
利用者に高い安心感を感じさせます。

実際、利用者は「検索結果が高いほど良いサービスだと思う」という人が多いのです。

つまりSEO対策とは、ネット上でのお墨付きをもらう、
そんな意味合いもあるというわけです。

長期にわたる安定した集客につながる

SEO対策の初期、それは検索エンジンをいかに騙すかの勝負でした。

そして、もちろんGoogleもその対策に対する対策を繰り返し、
SEO対策の効果は短期的で不安定なものでした。

しかし現在は、グーグル検索アルゴリズムという検索結果を導き出すシステムの進化は著しく、
その評価基準はより本質を求めるようになています。

グーグルトップページ

結果、SEO対策はグーグル検索を騙すことよりGoogleの評価基準に値する方向へ進化しました。

しっかりとしたSEO対策で検索上位を確保できれば、
安定して長期の検索上位を確保できるようになったのです。

宣伝コストが大幅にダウンする

そして、様々なメリットの終着点がこれ。

これまで、企業や商店の集客は、
いわゆる宣伝コストを払って行うことが当たり前でしたが、
SEO対策はその常識の外にあるのです。

もちろんSEOにも有料の対策方法はあります。

しかし、SEOの本質を理解した対策を施せば、
無料でも十分に効果は出ます。

つまり宣伝コストを費やすことなく、
大きな集客効果を得る方法、
それがSEO対策というわけです。

SEO対策のデメリット

SEO対策はWebサイトを効果的にするために必須の作業です。

しかし、それは弱点のない万能な方法というわけではありません。

ただ、その弱点を理解し、
それを補完する解決策を講じることで大きな効果がより得られるのです。

すぐに効果が出るわけではない

SEO対策に対する効果は、
一般的には半年後に見えてくると言われています。

というのも、検索エンジンに最適化したサイトができているとしても、
ネット上にはサイトが無数に存在しますから、
検索エンジンがそのサイトを見つけるのには時間がかかるのです。

インターネットを120%活用

しかも、ある程度の期間に渡って運用実績が高いサイトのほうが評価が高くなるという側面もあります。

→解決策

一つには、検索結果に反映されない時期に「有料の広告」で販促をするという方法もあります。

また、検索結果が反映されないという欠点をむしろ利用して、
その間未完成のサイトを公開するこ度で時間を稼ぎつつ、
実際のWeb空間上での修正を行うという手もあります。

SEOでは対応できない環境要因がある

これはSEO対策だけに言えることではありませんが、
需要や競合というものは当然あります。

そもそも、狙いたいキーワードの検索数が少なかったり(需要がない)
狙っているキーワードに大手のサイトなどがバッティングしていた(競合が強い)
場合は、成果は出にくくなります。

→解決策
検索件数が多く(需要が高い)ライバルが弱い(競合が少ない)キーワードを探す。

SEO対策に正解はない

これは、何より検索エンジンが何を基準に検索評価をしているのかわからないことに由来します。

というのも、検索エンジンの評価の基準はGoogleなどの検索エンジンを提供する企業にとっては、
トップシークレットで、知り得る情報ではないからです。

ですので、SEO対策はあくまで「調査と経験則」の中で生まれていいる仮説なのです。

PDCA

→解決策
実際効果を上げているSEO対策の知識を学ぶ。

しっかりとしたSEO対策の業者を選定する。

SEO対策とは見られるWebサイトづくりそのもの。

SEO対策はWebサイトづくりの基本であり、そしてその者であると言えます。

特に、しっかりと衆目に晒したい、
つまり見てもらいたいサイトを作成するのであれば、絶対に避けては通れない道だと考えてもいいのです。

ITツールを使って集客する方法を講座でお伝えしています。

「起業家へ贈るITツール活用セミナー」プログラム

ネット集客の第一歩

この講座で<あなたのビジネス>が加速します。