SEO対策に必要なのは専門知識ではない!

専門知識不要!? SEO対策でやることは?

SEO対策を始めよう、
といえば、なにか難しいことをしなくてはいけない気がします。

特にITに詳しくない人にとって見れば、
専門的なスキルの高い技術者にしかできないことのように思い込んでいる人もいるはずです。

専門家

しかし、実際は、そうではありません。

SEO対策の基本は、
あなたにもできる専門知識をほとんど必要としないことなのです。

誰でもできる?! SEO対策

SEO対策は誰にでもできる。

それをきちんと理解していくために、
SEO対策における必要な技術と作業を4つに分けてみていきましょう。

まずは、環境を整える

何事もそうですが、
まず大切なことは環境を整えること。

これはスポーツで言えば体力作り、
家造りで言えば基礎をつくることに通じるもので、
ここを疎かにしてはせっかくのSEO対策も意味をなしません。

ではその環境とは何か、
それはWebサイトのシステムやサーバを指します。

また、サイト自体の構造が検索エンジンに適さない場合もありますので、
構造設計をきちんとすることもSEO対策では重要なことです。

→やるべきこと

ワードプレス

WordPressなど人気のある環境を選んで、Webサイト作りを始める

サイトの構造は、人気サイトやサイト作りの本、も
しくはWordPressのデザインテンプレートなどを活用する。

良質なコンテンツを制作する

かつては、
コンテンツの中身などお構いなしに無駄なリンクを張ることでSEO対策になった時代もありました。

しかし、現在はそのような小手先の対策ではほとんど意味はなく、
逆効果になることもあり、しっかりとしたコンテンツ作りが求められています。

大事なことはニーズと差別化、
そして正しい文法で書かれたコンテンツであるということ。

つまり、人が「必要」とする情報をしっかりとコンテンツにしていくというのが大事なのです。

またGoogleのウェブマスター向けガイドラインからもわかるように、
SEO対策にはいかに文章コンテンツ(テキストコンテンツ)
を作り上げるかが重要にななるのです。

検索キーワード

→やるべきこと
Google Search Console、Google Analytics、などを使ってニーズを絞り込む。

Howtoサイトや本などで、
SEO対策にふさわしい文章の書き方などを学ぶ。

外部リンク収集を自然に行う

SEO対策において外部リンクは常に主流にあります。
というのも、外部リンクが多いということはすなわち、
他サイトの参考にされているという証でもあるので、
そのサイトの価値の高さの指標となりやすいからです。

しかし、SEO対策の初期にこの外部リンクをわざと大量に作る方法が出て以来、その判定は厳しめ。

無理に外部リンクを大量に貼るようなことをすれば、
逆に検索エンジンの対象から外れるようなことも起怒らないと言い切ることはできません。

ですので、
自然に増えていくのを待つ、ということになるのです。

また、不自然ではないように恣意的に外部リンクを作成することもできます。

しかし、Google Search Consoleのヘルプでは、
恣意的な外部リンク設置について注意喚起がなされていることは念頭に置くべきでしょう。

→やるべきこと
他サイトにリンクを張ってもらえるような有益な情報を提供する。

外部リンクを送るサイトを自作する。

継続は力なり

最後は、SEO対策は一日にしてならず、ということです。

SEO対策は、その最適解が時とともに移ろうものですし、
ネット上の流行や世間の関心も当然移ろいます。

また、いかに完璧に作ったつもりでも、
Webサイトを運営していく中で、
自分でも気づかなかったアラや穴が見つかることはよくある話です。

ですので、常に分析と改善を行って、
より良いSEO対策を継続していくことが何より大切。

そこに必要なのは、適切な情報収集と分析、
そして飽きずに続ける努力です。

PDCA

→やるべきこと
Google AnalyticsやGoogle Search Consoleなどを使い、
常にサイトの状況を監視分析するクセをつける。

ネット上における様々な情報や、
SEOに関する情報をできるだけ普段から収集しておく。

検索エンジンは素人の味方。

検索エンジン、つまりグーグルの検索はなぜ存在するのか。

それは、当然検索によってサイトを探すというのがその第一義ですが、
実はそれだけを目的にしているわけではありません。

一極集中とコンテンツの劣化を防ぐ

検索エンジンの仕事、それはあらゆるサイトに対し平等にチャンスを与えるということ。

たとえば、新聞の広告を考えればわかりますが、
どんなに中身が充実していない広告であっても、
多額の広告費を払ったものがより大きく表示されます。

そう、普通は、内容ではなく出資率に広告効果は比例するのです。

コマーシャル

しかし、Google Search Console墓SEO対策のページに
「Google では、検索結果でのサイトの表示や掲載順位に関して金銭を受け取ることは一切なく、
オーガニック検索結果に表示するのに費用はかかりません 」
とあるようにGoogle検索が金銭に影響されることはありません。

こうすることによって、ネット上における利用者の一極集中を防ぎ、
何より「内容」こそが一番の広告効果であるとすることで、
ネット上のサイト全体のコンテンツの劣化を防いでいるのです。

専門知識を必要としない公平なネット空間を作る

かつては、専門的な知識を利用したツールアシストでSEO対策がうまく言った時代もありました。

それは、いわゆる専門的な知識とスキルを持った人による徹底したあら探しと、
そのあら探しに適応する専門的スキルの独壇場だったのです。

しかし、現在はそのようないいわゆる「インチキ」が活躍することはほぼなくなりました。

そして同時に、専門的な知識やスキルはなくても、
地道に良いサイトを作り経営していこうとする人にとって都合の良い検索環境が整いつつあるのです。

いいかえれば、SEO対策というのは専門知識を使った特殊技術ではなく、
「より良いサイトを地道に作る」という当たり前のことと言いかえることもできるのです。

SEO対策は素人にもできる

SEO対策は素人にもある程度やれるWebサイトの向上方法です。

有益なツールを使いしっかりと継続してないように価値のあるサイト作りを行っていけば、
専門的知識やスキルがなくてもしっかりと行えるものなのです。

ITツールを使って集客する方法を講座でお伝えしています。

「起業家へ贈るITツール活用セミナー」プログラム

ネット集客の第一歩

この講座で<あなたのビジネス>が加速します。