SEO対策3つの視点

SEO対策の基礎の基礎

SEO対策には、様々な観点からのアプローチが必要なものです。

とはいってもなかなかその全体像を掴むのは
簡単なことではありません。

そこでここでは、
SEO対策の全体像をわかりやすくするために
大まかな分野わけをして説明していきたいと思います。

それが『おさえておきたい基礎の3分野』です。

三つ星ブランド

SEO対策の3分野

SEO対策を大きく分類したとき次の3分野に別れます。

それが、
『外部対策』
『内部対策』
『環境対策』
の3つ。

まずはこの3つの大まかな説明をしていき、
その全体像をわかりやすくインプットしていきましょう。

そしてそれぞれの効果についてしっかりと抑えておくとSEO対策を立てやすくなります。

SEO対策

外部対策……かつての主流(サイトの粉飾)

これは、自らのWebサイトやホームページと外部の接点を考えていくもの。

具体的には、
外部サイトから自サイトに向けて張られている
リンクを集める作業ということになります。

外部リンクの多さは有用なサイトであることの証

外部サイトからたくさんリンクを貼られるということは、
それだけそのサイトが有用であることの証です。

というのも、外部リンクがはられる主な理由は
『引用』や『出典』もしくは『詳しくはこちら』などの誘導であって、
内容のしっかりしたサイトでないと貼られないからです。

ですので、この原理を利用してグーグル検索では
外部サイトからのリンクが多いものを有用なサイトと判断。

外部リンクの多いサイトを検索上に煮上げる傾向が会ったため、
初期のSEO対策の中心はこの『外部リンク』をいかに増やすかという点に集約していました。

最近の効果は極めて薄い

ところが、これに目をつけたSEO対策が悪い方向に流行。

金銭で外部リンクを集めたり、
意味のないサイトを濫造して外部リンクを大量に作り上げたりと、
サイトの有用性とは全く関係なくSEO対策のためだけにリンクが貼られるようになったのです。

インターネットでビシネスを展開

現在Google Search ConsoleのSEOに対するヘルプにもあるように、
このような方法に対してGoogleの見解は非常に厳しくなっています。

ですので外部リンクの効果は薄い、
むしろ、逆効果と言ってもいい、そんな状況です。

結果、今SEO対策の中心に外部リンクを集めるという方法は基本的に存在しません。

内部対策……現在の主流(サイトの価値)

内部対策とは、いわゆるコンテンツの内容のクオリティです。

外部対策のようなものではなく、
ズバリそのものコンテンツの良し悪しと言ってもいいでしょう。

かつては検索エンジンが判断できなかった

かつて検索エンジンが外部リンクをその基準として重宝していた理由、それはズバリ機能面。

つまり、検索エンジンのWebサイトの判定が、外形でしか判断できない程度にレベルが低かった、
というより高くはなかったことにほかなりません。

ただ、サイト自体の良し悪しを自動で判断するのは難しいですので、
それも当たり前といえば当たり前。

しかし、それももはや昔の話となっています。

コンテンツそのもの良し悪しを判断できる

現在、Googleの検索アルゴリズムは大きく発展。

外形的なリンクの多さなどではなく、
コンテンツそのものの内容を独自の基準で判断して、
利用者にとって有益なサイトを検索上位に上げる事ができるようになってきました。

そう、つまり、
もはやSEO対策の中心は「Webサイトそのもののクオリティ」にかかっていると言ってもいいのです。

とはいえ、ネット上に無数に散らばるWebサイトの一つ一つをしっかり読み込むなどということはできませんから、
そこにはその判断の基準というものは当然あります。

検索キーワード

ようするに、現在のSEO対策というのは、
多くの実践データや実績からその『基準』を探り当て、
効果的に高品質のサイトであると『主張』していくことが重要になっているのです。

環境対策……忘れがちだけど、基本(サイトの利便性)

一般的には内部対策に含まれる『環境対策』
最近は特にこの分野をしっかりすることも重要視されるようになってきています。

サイトの本領を発揮させるため

環境対策の主な理由は、いわばサイトの本領を発揮させるためです。

いかにWebサイトやホームページの出来が良くても、
表示に時間がかかったり、もしくはレイアウトが見にくかったりすれば、
サイトの閲覧者は減ってしまいます。

グーグル検索がどこまで判定しているかわかりませんが、
いわゆるユーザビリティが低いWebサイトが今後評価されることはないでしょう。

いかに、利用者にとって良いサイトであるのか、
それが環境対策の基本になるのです。

全ては利用者目線

例えば、環境対策の一つとして独自ドメインというものがあります。

これは、自分だけのドメインを取得するということですが、
よそのドメインを借りているより独自ドメインであるほうが最終的な信頼度は高くなります。

借り物でサイトを運営するのとそうでないのと、
どちらのほうが利用者の信用が高いかは言うまでもありません。

どちらが良いのか?

また現在、Webサイトの閲覧をするデバイスはパソコンからタブレット、
特にす~とフォンへとその主流が変わりつつあります。

そういう点で、しっかりスマホ対応しているシステムとそうでないシステムでは、
コンテンツの内容が同等でも利用者の利便性は大きく変わります。

環境対策は内部対策の下支え

環境対策とは、つまり内部対策をしっかりと反映させるシステムのことを言うのです。

これを、イチから自分で構築していくことは簡単なことではありませんが、
今はそのテンプレートを提供しているサービスなどがたくさんあります。

例えば、現在Webサイトを作成する上で必ず抑えておきたいWordPressなどがそう。

こういった便利なシステムを活用しながら、
環境を整えていくことが、今後重要になってくるのです。

内部対策と環境対策をしっかりと

説明してきたように、現在外部対策は本とんど意味をなしません。

無意味な外部リンクが多用されているサイトなどは、
検索にかからなくなるなどと言った処置がなされているという話も聞きます。

ですので、考えるべきは内部対策と環境対策。

この2つを車の両輪として、
しっかりとした『価値』と『利便性』を備えたSEO対策が必要となるのです。

「起業家へ贈るITツール活用セミナー」プログラム

ネット集客の第一歩

この講座で<あなたのビジネス>が加速します。