10年後を考えたSEO対策

これからのSEO対策

SEO対策は一日にしてならず。
それは継続して行っていくものであり、
その都度時代の変化に合わせてマイナーチェンジを繰り返していくものであるというのは
その基本中の基本です。

SEO対策

とはいえ、
だからといって先を見据えた対策をしないのでは、
先々の手間を増やすだけ。

そこで、ここでは、
SEO対策の『過去』『現在』『未来』を見てくことで
先を見据えたSEO対策について考えていきましょう。

過去のSEO対策

まずは、SEO対策がどのよう編ものであったか見ていきましょう。
それは、ある意味『小手先の騙し合い』でした。

検索エンジンの脆弱性をついた騙しのテクニック=SEO対策

初期のSEO対策、
その前提は精度の低い検索エンジンのサイト評価でした。

検索エンジンは、基本的にはサイトの内容よりも、
その外形的なものによってサイトの有用性を判定する傾向にありました、
というよりそうしかできませんでした。

SEO対策

例えば、『歯医者』のホームページには『虫歯』という言葉が
たくさん使われていたらきっと良いサイトだとか。

他のサイトからたくさんリンクがはられていたら、
それだけ信用度と利用価値のある有益なサイトである、
などと言った判断の仕方です。

このことから、サイトの中に無数にキーワードを詰め込んだり、
もしくは見えないところにキーワードを羅列するような悪質サイトが急増。

また、意味もなくリンクを大量に引っ張ってきたサイトなどが生まれたのです。

騙し合いの果てに検索エンジンの価値が低下する

これは、2000年代初頭のネット界を知っている人ならピンとくるはずです。

例えば何かのキーワードで検索をかけたとき、
ただキーワードとリンクが無数にあるだけの、
全く意味のないサイトが検索結果に並んで迷惑した経験、ありませんか?

そう、騙し合いの果てに検索エンジンがたどり着いたのは、
そんなクズサイトが闊歩する検索結果だったのです。

そこで、Googleは検索の精度を上げるべく検索アルゴリズムの変更を繰り返します。

検索

それにより、多くのクズサイトは駆逐されていきましたが、
現在でも、リンクを多く貼り付けただけのサイトが生き残っていたり、
そのような作業を推奨するSEO対策業者が存在します。

もちろん、それは間違い、そんな業者に頼んでいては逆効果にしかなりません。

現在のSEO対策

騙し合いの時代を経て、現在のSEO対策がたどり着いたのはどういうものなのか。

それは『実質的なクオリティ』です。

進化した検索エンジンはもう騙せない

検索エンジンの発展はめざましく、
今や小手先のテクニックはほとんど通用しません。

それどころか小手先のテクニックを用いて検索エンジンを騙すようなテクニックが発覚すれば、
検索結果から除外されるなどのペナルティする課せられるのが今の状況です。

そこで、現在のSEO対策はどうなっているのかといえば、それは『実質重視』
いかにサイトの内容が優れているのか、というのが現在のSEO対策の基本であり、
一部小手先のテクニックも有効とされていますが、それも時間の問題です。

利用者にとっての価値がすべて

では、その質の高さとは一体何なのか。

それは、独りよがりな『出来栄え』ではなく、
そのサイトがいかに利用者にとって有益であるのかという、
利用者にとっての価値がすべてです。

というのも、
検索エンジンの存在意義を考えたら、それも頷けるはず。

検索エンジンとは、検索してくれる利用者に対して、
いかに有益な情報を提供するのかというのが、
その存在理由のすべてであると言っても過言ではありません。

キーワード抽出

つまり、検索エンジンにとって検索上位に持ってきたいものはその価値に準じるものなのです。

ですので現在のSEO対策とは、
いかに利用者にとって価値のあるサイトにするのかがその意義。

とくに、『クオリティ(完成度)』『バリュー(価値)』
この2つの揃ったサイトづくりを目指すことが、
現在のSEO対策の柱なのです。

未来に向けたSEO対策

最後に未来に向けたSEO対策です。
ここで考えるべきなのは、
検索エンジンの際限ない進化を見据えた、発展方向です。

AIが検索エンジンを無限に進化させる

検索エンジンの検索結果の並び替えを担当する検索アルゴリズム。

この検索アルゴリズムというのは、様々な形で存在していますが、
その中にはAIを活用したRankBrainと呼ばれるものもあり、
これからの検索エンジンの基準にAIは欠かせない存在となります。

そして、このAIこそ、これからの世界において最も発展していく分野。

専門家の中には2045年にはAIは人間を超えるという人もいるほどその発達はめざましく、
そのAIに対してSEO対策を行う以上、
もうそこに『小手先のテクニック』の入る余地はないのです。

より上質であるためのチャレンジ『オリジナリティ』

未来に向けてのSEO対策、その基本はより上司手であるためのチャレンジです。

ある意味これは商品開発と同じものだと考えてもらえばいいのですが、
同一キーワードで検索されるというのは、
言い換えれば同類の商品型がたくさんあるということ。

その同類の商品の中で、
目を引くものになるために必要なのは『オリジナリティ』ですよね。

それは言い換えれば『いかに他にはない価値を提供できるのか』と言うことであって、
ナンバーワンではなくオンリーワンを目指していく作業とも言えます。

より利用者目線であるためのチャレンジ『ユーザビリティ』

ユーザビリティとはいわば利便性、つまり使い勝手の良さです。

これは、今度は商品ではなくサービスの開発と似通っている面があり、
同じサービスを同価格帯で提供する際、差別化を図るところは『顧客満足度』ですよね。

顧客第一

この、顧客満足度に当たるのが、Webサイトにおけるユーザビリティ。

ページを開く速度、文字の見やすさ、
文章の読みやすさ、サイトコンテンツのわかりやすさ、
綺麗さ、オシャレ度など、いかにそのWebサイトに滞在している間に満足してもらうのか。

そんな徹底した利用者目線が、
今後のSEO対策として重視されていくのは間違いありません。

機械ではなく人が選ぶと考える

過去のSEO対策は言うまでもなく現在においてもSEO対策は『待機界』だという考え方が強くあります。

ですから、その機会のシステムを使って、
よりそのシステムに合致したサイトを作っていくことがSEO対策となっているのですが、
今後はその流れでは物足りなくなります。

というのも、AIの発展でよりSEO対策は人間味を帯びてきているからです。

つまりこれからのSEO対策は機械を満足させるのではなく人間を満足させるといういうこと。

それはいわば、より本質に近づいてきていると言って、過言ではないのです。

「起業家へ贈るITツール活用セミナー」プログラム

ネット集客の第一歩

この講座で<あなたのビジネス>が加速します。