Googleが説く検索エンジン最適化-1

検索エンジン最適化スターター ガイド-1

ウェブサイをとGoogleに最適化させて収益を上げたい。

そんな理由でWebサイトを持っている人にとっては、
基本中の基本となる知識をスターターガイドとしてここで簡単にまとめておきます。

あくまでも基本です、詳しくは自分でしっかり調べておきましょう。

スターターガイド① はじめに

とりあえずこれが出来ていないとまったく意味がない、最初の一歩です。

Googleに登録される

サイトがGoogleに登録されていないと、意味がありません。

そんなときはまず、
「site:」をつけてホームページのURLを検索してみます。

このとき結果に表示されれば、
インデックスに登録されていますし、
そうでなければ登録はされていません。

登録されていない場合はクロールしやすくする工夫をしておきましょう。

Googleの検索結果に表示させる

Googleに登録される、
つまりインデックスされれば検索結果に表示されます。

もしそうでない場合は、
サイト運営者のガイドラインを参照して、
検索結果に表示されるように対策を練りましょう。

またGoogleSearchConsoleでコンテンツをGoogleに送信してみるのもいいでしょう。

SEOの専門家が必要なのかを検討する

SEOは結果がでるまでに4ヶ月から1年近くかかります。

ですので、自分のサイト運営にSEOの専門家が必要かどうかを確認しておきましょう。

そのさいは、SEOが必要なケースを参照ください。

スターターガイド② Googleにコンテンツを見つけてもらう

基本は、まずGoogleに表示されることです。

サイトマップを作る

一番有効な方法はサイトマップを作ること。

サイトマップとは、
サイトに出来た新しいページや変更点を検索エンジンに認識してもらうための
サイト上のファイルのことです。

ウェブサイトを宣伝する

クローラはリンク経由でやってきます。

ユーザーにサイトを見つけてもらうためにも、
Webサイトを宣伝しましょう(方法については後述します)

スターターガイド③ クロール対象外ページの処理

クローラーに探してほしくない、
つまり大家化にしたくないページへの対処です。

おすすめの方法『robots.txt』を使って、クロールを拒否する』

Google Search Consoleなどで robots.txtを作成して、
クロールを拒否します。

機密性の高いページには向きませんが、
そうでない場合にはこの方法がおすすめです。

おすすめしない方法

『サイト内の検索結果ページをGoogleにクロールさせる』
『プロキシサービスの結果として作成れたURLをクロールさせる』
上記の方法はGoogleによって推奨されていません。

より機密の高い方法

robots.txtは機密資料の保護には適していません。

そういった場合は、noindexタグを使用することで、
リンクや直接URLを使わない限りはサイトの閲覧ができなくなります。

また、さらに機密を高めるならパスワードを設定したり、
ページを完全に削除してしまいましょう。

スターターガイド④ 理解できるコンテンツを作る

Googleとユーザーが理解出来ないコンテンツは、
基本的に検索結果に反映されません。

URL検査ツールを使う

Webサイトで使っている
『javaScriptファイル』
『CSSファイル』
『画像ファイル』
のアクセスがGoogle botに許可されていることきちんと確認しておきましょう。

この許可がなされていない場合、Googleアルゴリズムが正常に動作しません。

その際は、URL検査ツールなどをつかて、
しっかりとインデックス登録時の問題を修正しておきましょう。

各ページにしっかりとタイトルを付ける

「title」タグを使って、各ページに必ず固有の「title」をしっかりと付けましょう。

「title」タグはHTMLドキュメントの要素内に配置して、
サイト内のページそれぞれにその題名をつける働きがあります。

検索結果に適したタイトルとスニペットを作る

タイトルやスニペットは、いわばWebサイトの各ページの名札。

しっかりと関連ある名前をつけましょう。

たとえば、ページコンテンツを性格に把握できるタイトルや、
各ページにきちんと固有のタイトルをつけること、
また完結でわかりやすいタイトルを付けることなどを徹底します。

決してわかりにくいものや、
曖昧なタイトルは付けないようにしましょう。

「description」メタタグを使用する

descriptionメタタグは「head」要素内に配置するメタタグ。

Googleや他の検索エンジンにページの概要を説明するもので、
「title」タグと違って、
1,2分の短いセンテンスやパラグラフを記述することが出来ます。

「description」メタタグのメリットと注意点

「description」メタタグは、
ページのスニペットとしてGoogleに使用される可能性があります。

適切な記述をして、
最適化された 「description」メタタグを作ることができればかなり有用なタグとなります。

その際は、ページ内容を正確に要約し、
ページに関係のない説明やありきたりなものを避け、
キーワードの羅列やサイト内のテキストのコピーなどはやめましょう。

またページ固有の説明を記述するようにし、
他のページとの使いまわしも避けましょう。

見出しタグをうまく使う

見出しタグは、そのページに書かれている内容の視覚的な手がかりとなります。

この使い方によって、わかりやすい階層構造をページ内に作り、
より見やすいサイトづくりに役立てましょう。

その際は、概要を書く場合を想定しつつわかりやすい見出しを掻くことを心がけ、
効果的でない見出しを作ったり、
見出しタグを乱用したり、サイズを不規則に変えないようにしましょう。

あくまで見出しは、サイトを見やすくするもの。

読みやすさを重視して使うのが基本です。

構造化データマークアップを追加する

構造化データマークアップを追加すると関連するクリアの検索結果でスニペットが表示されます。

いわゆるリッチリザルトです。

他にも、構造化データマークアップは様々な利点がありますので、
Googleリッチリザルトテスト、Search Consoleのデータハイライター、
おなじくSearch Consoleの拡張レポートなどを使って最適化させておきましょう。

ITツールを使って集客する方法を講座でお伝えしています。

「起業家へ贈るITツール活用セミナー」プログラム

ネット集客の第一歩

この講座で<あなたのビジネス>が加速します。