SEOを理解しよう! Google検索を知って簡単SEO術

SEOは難しい

と、思っていらっしゃる方もいると思いますし、
それだけにネットでの宣伝活動を躊躇したり諦めたりしている方も多いと思います。

しかし、そんな事はありません。

検索の仕組みと、それに対応するテクニックさえ身に着けておけば、
SEOは全然怖くないんですよ。

SEOとはなにか?SEOの仕組みと検索

まずはSEOとは何かについて考えていきましょう。

SEOの意味

SEOとはSearch Engine Optimizationの略です。

といったところでもうギブアップしている人がいそうですが、
日本語で言えば検索エンジン最適化。

もっと簡単に言えば「検索画面に表示されやすくするテクニック」です。

SEO対策

いまや、ほとんどの人がグーグル検索からページに訪れるのですから、これは重要です。

Google検索の画面:広告と自然検索

グーグルの検索画面を見たことがありますよね。

その中で上段に表示されるのが、
いわゆる広告でお金を出しているわけですから当然上の方にあります。

そしてその下にあるのが自然検索。

これは、Googleアルゴリズムという仕組みによって
「より価値のあるページ」と判断されたサイトが上位に表示されるものです。

ですので、ここの上位にあるサイトというのは、基本的にアクセス数が大幅にアップします。

そしてこれはもちろん無料、上位掲載に必要なものはお金ではなく「SEO」だけです。

SEOとGoogle検索:Googleアルゴリズムの仕組みを理解しよう

SEOに欠かせない検索エンジン
(検索の時見るページ)の最大手であるGoogle。

そんなGoogleが検索画面に乗せるため使っているシステムをGoogleアルゴリズムといいます。

つまりこのシステムを知ることが、SEOの近道なんですね。

クローラーがリンクをたどってやってくる

ネット上に無数に存在するウェブサイト。

さすがにその星の数ほどあるウェブサイトを人間がひとつひとつ調べることはできません。

そこで活躍するのがクローラー。

これはクローラロボットと言われるいわゆるシステムで、
ネット上にある無数のサイトをチェックします。

そして、その時の道となるのはハイパーリンク。つまりリンクです。

クローラーはこのリンクの道をたどって、サイトの存在を確認していくのです。

集めたサイト情報をインデックスへ

クローラーによって集められたサイト情報は、
インデックスといういわゆる索引に記録されます。

ここに集められている情報は、
何億という数のサイトの存在とその情報ですから、
途方もなく膨大なもので、これをそのまま検索ページに乗せれば大変不便です。

そこでこの膨大な情報を精査して、
より有益なサイトを検索ページにその順番で乗せるのが、Googleアルゴリズム。

ようは、大変混雑した道路に立って有益な車から通行を許可する交通整理をしているようなものと考えればいいでしょう。

Googleアルゴリズムにひと目でわかって貰う必要がある

大変混雑した道路で、運転手ひとりひとりに目的を聞き出して交通整理していたのでは間に合いません。

そのために、パトカーや救急車には回転灯がついているのですが、
これと同じで、サイトもひと目できちんと内容と有益さが分かるものから検索上位に反映されます。

営業活動

そのGoogleアルゴリズムにひと目でそのサイトの内容と有益さをわかってもらうための回転灯を付ける努力がSEOなんですね。

SEOのための検索キーワードについて知ろう

Googleアルゴリズムにひと目でわかってもらえる努力でもっとも大切なのが検索キーワード。

猫について書いたページに猫という言葉がひとつもなかったら、
Googleアルゴリズムはそれを猫のページと判断できませんからね。

そう検索キーワードとは、そのサイトの内容をアルゴリズムにわかってもらうためのものなのです。

検索キーワードはみんなが探している言葉

サイト内に、同じ言葉が頻繁にでてくる。

検索エンジン

こうなれば、Googleアルゴリズムはそのページをそのキーワードに関連するページと認識します。

しかしこのとき、サイト内に検索する人がめったに検索しない言葉があふれていたらどうでしょう?

また、一般的ではない語句や、わかりにくい語句があふれていたらどうなると思いますか?

そう、誰も検索しないキーワードを使ってサイトを作っても検索されないページになるだけです。

検索キーワードはピンポイントで

とはいえ「じゃぁ自分のサイトは車のサイトだから検索キーワードを『車』にしよう」ではダメです。
なぜなら、そんな一般的な言葉を検索キーワードにしたら、膨大な数のライバルサイトが存在し、
よほど優秀なサイトでない限り検索上位には生きませんし、そういうサイトはほとんど大手企業です。

キーワード選びはみんなが探している言葉で、しかもできるだけライバルが少ないピンポイントの言葉が必要なのです。

検索キーワードを決める様々なツール

検索キーワードは、みんなが探している言葉でしかもピンポイントに。

と言われてもなかなか難しいですよね。

そこで、そんなキーワード選びに使えるツールをご紹介しましょう。

【公式】
Googleキーワードプランナー
Googleが提供している公式ツールで、
広告を出しているユーザーならかなり詳細なキーワードのデータが見れます。

ですから、月に100円でも良いので、
広告を出すと全機能が使えます。

まあ、広告を出していなくても、
必要最低限のデータは取れますよ。

【非公式】
Keyword Tool
グーグルサジェストキーワード一括DLツール
アラマキジャケ

検索キーワードを最適化することが第一

まずひと目見て重要なサイトと検索アルゴリズムにわかってもらえる検索ワード。
自分のサイトを、まずGoogleアルゴリズムが間違いない検索ページに表示してくれるように、
そして、わかりやすく表示されるように検索キーワードをしっかりと決めることがSEOの第一歩なのです。

ITツールを使って集客する方法を講座でお伝えしています。

「起業家へ贈るITツール活用セミナー」プログラム

ネット集客の第一歩

この講座で<あなたのビジネス>が加速します。