SEOを理解しよう! Google検索に気に入られるサイトづくり

Googleさんに気に入って貰う

検索キーワードを決めて、Googleアルゴリズムにそのサイトの内容をわかってもらった後。

今度は、さらに、そのサイトが有益であるかどうかをGoogleアルゴリズムにわかって貰う必要があります。

その方法とは何か。

そう、それは、Googleアルゴリズム好みのサイトを作っていくということなのです。

SEOの常識:Googleアルゴリズムには好みがある

SEOを考えるとき知っておくべき上記が、Googleアルゴリズムの好み。

つまり、何億もあるサイトから良いサイトを見つけなければいけないGoogleアルゴリズムは、
内容全部を読むのではなく、Googleアルゴリズム好みのサイトを探し出すというわけです。

つまり、どれだけ内容が検索キーワードに剃っていて、読んで素晴らしいものでも、その好みに合っていなければそのSEOとしての効果は半減。

Googleアルゴリズムが「パッ」と見て「良いっ!」と思えるサイトづくりが重要なのです。

アルゴリズム好みのSEO:まず初めにしていくこと

では実際に何をするべきかに入っていきましょう。

・3大エリアの最適化(タイトルタグ/メタディスクリプション/Hタグ)
まずは3大エリアの最適化、SEOに欠かせない3つのエリアについてです。

『タイトルタグ』<TITLE></TITLE>(ワードプレスに入れる時は半角文字で入れて下さい)

ウェブページの最上段、ブラウザのタブに表示される、そのサイトのタイトルを書くのがここ。

いわば表札ですからここにはしっかりキーワードを書きます。

短い場合でも、目標キーワード(主なキーワード)を1回、その他関連キーワードを1回。長い場合は目標キーワードを2回、関連キーワードを1回づつ書いておきましょう。

『メタディスクリプション』

これは、このサイトがどんなサイトかGoogleアルゴリズムに教えるための場所。

ここにもタイトルタグと同じだけの検索キーワードを書いておきます。

『Hタグ(H1タグ)』<H1></H1>(ワードプレスに入れる時は半角文字で入れて下さい)

サイトのページトップに表示されるそのサイトの表題。

ここには目標キーワードを1回だけ書いておきましょう。

1ページには1テーマ

1ページにはキーワードに即した1テーマの内容だけ書きましょう。
というのも、いろいろな内容を書けば書くほど内容がぼやけてしまい、一体何のページなのかわかりにくくなってしまいます。

Hタグはきちんと使おう

Hタグとはいわゆる見出しタグ。
H1がページ全体のタイトルで『大見出し』H2が『中見出し』H3が『小見出し』です。
サイトの見た目的には、別にフォントの大きさを替えるだけでもそれらしく見えますが、Googleアルゴリズムはそれを理解できません。
しっかりHタグを使いましょう。

アルゴリズム好みのSEO:しっかりとしたコンテンツ

有益なサイトとは、しっかりとしたコンテンツのあるサイトです。
ですから、Googleアルゴリズムにしっかりとした有益なサイトと思ってもらうコンテンツを作る必要があります。

文字数を増やす

これは基本です、内容が少ないページはGoogleアルゴリズム的にも評価されません。

1000の言葉より心に響く30文字の名言みたいなことはGoogleアルゴリズムにはないのです。

グーグルの検索エンジン

ですので、そのページを上位に表示したい場合は1200から3000文字以内の文章を乗せておくことが重要になります。

というのも、短すぎてもダメですが、
長すぎると今度は『難しいページ』扱いになってアウトなのです。

コンテンツ内容を充実させる

基本的に文字コンテンツがもっとも効果の高いコンテンツです。

しかし、今の時代ですから動画や画像をたくさん使うというのも、
内容の充実には欠かせませんし、
特に動画コンテンツには間接的ではあってもSEOに効果があるという立証もされています。

特にYouTubeの動画は、同じGoogleグループのものですから、
Googleアルゴリズムが嫌いなわけはありません。立証されているわけではありませんが、
今後きっと大きな効果をもたせてくるはずです。

動画の公開

またそれだけではなく、
魅力的なコンテンツはGoogleアルゴリズムに関係なく、SEOには必要不可欠な要素です。

次はその、魅力的なサイト作りを考えていきましょう。

SEOにはサイトが魅力的であることも重要

さて、Googleアルゴリズム好みのサイト作りを見てきましたが、実はそれだけでは不十分。

そう、結局Webサイトを見るのは人なのですから、
人間が読んで魅力的なサイトでなくてはいけないのです。

情報検索で検索させるページの充実

検索のパターンには『指名検索』『購入検索』『情報検索』とあります。

この内『指名検索』はその会社や商品の名前を検索ワードとして検索するもので、
ほぼ狙い撃ちになるのでSEOの必要性は薄くなります。

次に『購入検索』ですが、これはライバルの多い検索。

例えば「緑茶」を買いたい人が「緑茶 お徳様」などという感じで検索するもので、
大手のサイトとも競合しやすい検索ですね。

ですから注目すべきは『情報検索』

キーワード抽出

これは、特定の出来事や物事に関しての情報を知りた人が検索する検索語句で、
サイトのアクセス数を増やし自分のホームページへの入り口(広義のランディングサイト)として使える検索。

ですから重要なのはこの、情報検索で検索されるサイトづくりです。

サイトのニーズをしっかりと考える

ウェブサイトも普通の商売と同じ様にニーズの把握というのが一番大事になります。

例えば、「墓場 デート」で検索できる、
墓場でのラブラブデートのサイトをつくっても、
確かに検索上位にはいきやすいですが、サイトに来てくれる人は増えません。

ですので、重要なことは、
まずそのサイトページの検索キーワードを検索する人のニーズに合わせて作るということです。

そして、その検索キーワードに合わせた有益なサイトを作る。

そうすれば、サイトの閲覧者は自然に増えていくのです。

魅力的なサイトづくりは被リンクに関わってくる

魅力的なサイト作りをする。

そのために必要なことについて書いてきましたが、
ではなぜ魅力的なサイト作りをするのかといえば、それは被リンクを増やすため。

そう、この被リンクこそが、Googleアルゴリズム好みのサイト作りに欠かせない要素。

次はその被リンクについてです。

「起業家へ贈るITツール活用セミナー」プログラム

ネット集客の第一歩

この講座で<あなたのビジネス>が加速します。