大副業時代を生きる!

大副業時代を生きるための様々な副業のカタチ

一言に副業と言っても様々なカタチが選択できる時代です。

国も本格的に副業を進める時代になりました。

上記の通り、すでに副業のガイドラインまで発表されています。

資格ホルダー

それこそ一昔前の日本で副業というと「内職」のイメージが強く、
休日のアルバイトやそれこそ家庭内で小物を作るようなイメージが有りましたが、
それはもう遠い昔のこと。

大きな一因は、
ネットの発達で家にいながらに様々な仕事ができるようになったこと。

そしてもう一つは、
働き方改革の一環として国が新しい働き方のひとつとして副業を推進し始めているという点にあります。

そこでまここでは、一体今どんな副業の形があるのか、それについて見ていきましょう。

副業の定義とカテゴリー

副業とはなにか。
それは主業(本業)とは別に家系の助けとなる副次的な収入源をもたらす仕事というのが、これまでの一般的な考え方です。
しかし、これからの社会においての副業はそういうカテゴリーには収まらないものとなります。
そこでここからは次のカテゴリーに分けて紹介していきます。

従来の副業(副収入タイプ)

まずはこのタイプ、つまり一般的に想像しうる副業です。
あくまで本業がメインで、副業は家系のたしゆあ小遣い銭稼ぎになるという認識になります。

メインを確定しない(複業タイプ)

これはいわゆるパラレルキャリアと呼ばれるもので、複数の仕事はしてもどちらが主でどちらが副と決めないタイプ。
あくまで複数の仕事をしているという認識になります。

スキルアップのための就業(修行タイプ)

修行という言い方はどうかと思いますが、いわゆる自分のスキルアップの手段としての働き方。
会社の中でのキャリアアップや転職に向けての準備として、余暇の時間に働くというカタチになります。

副収入タイプの副業

では真図副収入タイプの副業から見ていきましょう。
特徴としては、余暇にできるものであまりキャリアやスキルを必要としないものです。

パートやアルバイト

これは説明の必要はありませんね。
いわゆる今までよくあった休みの日のアルバイトで、税金関連で会社にばれないように工夫しながら行う仕事です。

デジタル内職(クラウドワーク)

クラウドワークとは、ネット上で受注を受けて行う仕事です。
本職となりうるような仕事もありますが、その大半は空き時間や余暇を利用してポータルサイトで受注した簡単な仕事を請け負うというもの。
ライティングやイラストが多いのですが、コンサル系や販促系といろいろな職種があります。
中には、占いや相談、話し相手、自転車のパンク修理や朝起こす仕事など様々なものが増えています。

複業タイプ

次に複業タイプです。
これは、本職と同じ収入を持つものであったり最初から複数の職で生計を立てていく働き方になります。

ノマドワーク

最近は減りましたが一時期とても流行っていた働き方です。
固定した職を持つわけではなく、アフィリエイトサイトの運営や外注のライター、もしくは外注のSEなどを掛け持つことで自由に働くカタチです。
遊牧民のように自由な職環境をネット回線を求めて点々とすることから『ノマド=遊牧民』と呼ばれます。

リモートワーク

非出社型の働き方です。
このすべてが複業とは言えませんが、非出社型の働き方をすることで複数の仕事を掛け持って働く方法になります。
これもネット環境を必要とする働き方で、リモートワーカーがノマドワークをしたりという形で相互に共通項のあるものです。
日本では珍しいですがアメリカなどでは一定数の市民権を得た働き方です。

フリーランス

要は自営業なのですが、フリーランスとして独立してさまざまな仕事を掛け持つ方法。
基本的にノマドワーカーはフリーランスであることが多く、リモートワーカーは片方の仕事をフリーランスとして受けることが多いようです。
要は完全自由な働き方で、どの様にキャリア形成するかは本人の意志に任されます。

修行タイプ

最後は修行タイプです。

これは本業をしながら他の仕事を持つことで、
将来的な独立や転職、もしくは会社内でのキャリアアップを目指す方法です。

会社による支援

これは、主業として働いている会社などが奨励しているタイプです。

主にキャリアアップを目指したものが中心となり、
会社内での能力向上や人脈の形成、新しいスキルの獲得などにいかされます。

元々はIT系やベンチャー、今は大手企業にこの形式の複業の形が多くなっています。

会社によっては斡旋や推薦、もしくは副業時間の確保などをしてくれるものもあります。

会社による容認

進めはしないけれど禁止はしないというタイプです。

企業からの支援は受けないものの、
禁止をされたり罰則があったりもしないという形で、これも国の働き方改革の影響で増えてはいます。

しかし、やはり独立や転職の危険、
そして機密漏洩の観点から歓迎はされない傾向にあります。

会社が禁止している

会社が禁止している場合です。
確定申告などをうまくやらないと会社にバレてしまいそれなりの罰則規定が課せられる場合もあります。

しかし、昨今の社会情勢とネットの発達で、
会社にばれないようにスキルを磨き、転職や起業と言った方向にスキルを伸ばそうとするひとはたくさんいます。

最も多いのが企業に関するスキルを磨いて、
現在の企業で身につけたスキルを元に起業する人が多いようです。

副業の自由は生き方の選択

副業の自由が国家によって推奨される時代。

幸せになる

それはある意味、昭和から続いてきた旧態依然とした日本の企業風土から脱却し、
労働者の意思によって働くというスタイルを選べる時代だと言えるのです。

背景にあるのは人手不足

急速な少子高齢化でいま日本は慢性的な人手不足。
その傾向は今後も激しくなることは間違いなく、多くの企業が労働者不足にあえいでいるのが現状となります。
そこで、求められるのは労働効率のいい労働力。
副業を解禁することでここのスキルアップが図られればこの効率のいい労働力の育成は進み、高いスキルを1企業が抱え込むということも減っていくでしょう。

労働の自由度の推進

終身雇用制度が崩壊し、正規雇用も減っている今の日本において労働の形の自由度は必須のもの。

正しい少数の働き方モデルに沿っていれば間違いのない人生がおくれるという時代は終わり、
働くカタチそのものを人生設計としてモデリングしなければいけない時代になっているのです。

そんななか、それを可能にするために副業推進という方向に向かっているというわけです。

要は人生を自分で設計していく時代。

これは社会福祉財源の確保が難しくなる時代という点から考えても、必要な変換であると考えていいでしょう。

『働くための人生』から『人生ために働く』へ

これまでの日本は、働くこと自体が目的化していて人間の命は働くためにありました。

しかし、多用な社会が形成され、ネットの東條に寄って人間の生き方が固定しづらくなった今、
よりよい人生を生きるためにどう働くのかというのが大きなポイントとなってきます。

これまで、仕事のために人生を犠牲にしてきた『過労死』や『出張や過重労働による親子の断絶』などが問題になっている中で、
こういった自由な働き方がもたらすメリットは計り知れません。

新たな働き方

自分はどういきたいのか、まずはそれが先に来て、そしてそのために働く。

副業というものが一般化していく社会では、その価値観が一般化し、
そこに自由が与えられると共に、
人生設計がさらに大きな意味を持ってくるということにもなるのです。