Google検索エンジン最適化:①『適切なページタイトルを付けよう』

Google検索エンジン最適化スターターガイドについて

Google検索エンジン最適化スターターガイド』には、
「SEOの基本となる「titleタグ」マニュアル」として、
タイトル最適化の参考となる内容がまとまっています。

それが、最初の章の「SEOの基礎として」の『適切なページタイトルを付けよう』という項目です。

通常、サイトのSEO対策を行うことで、
サイトの品質を上げながら検索上位を目指すことが大切となります。

なぜなら、これを行うことである程度、そのサイトの検索ヒットの上位に上がるという実態があるからです。

しかし、それもやみくもに行っていては、良い結果は生まれませんので、
これからお伝えしていく内容にあわせてSEO対策を講じてみてください。

それでは、まずSEO対策の狙いとして、一応押さえておくべき基本説明からしてまいります。

①『適切なページタイトルを付けよう』

『Google検索エンジン最適化スターターガイド』のトップページから説明を始めてまいります。

ページタイトルはtitleタグで指定する

❝ここでいうページタイトルとは、サイトの訪問者と検索エンジンの双方にそのページのトピックが何であるかを伝えるもので、titleタグで指定します。❞
(引用:Google検索エンジン最適化スターターガイド)

と書いてありますが、まず「titleタグ」とは何か?これは、簡単に言えばホームページ(以降Webサイトと表記)のページタイトルを表す部分のことです。

titleタグというものは、SEO内部対策のタグ設定の中でも、
検索エンジンが最も重視している項目となります。

次にガイドには、下記の項目があります。

ページタイトルの内容は、検索結果に表示される

❝検索結果ページにサイトが表示されるとき、
通常はページタイトル(titleタグの内容)が検索結果の一番上の行に表示されます。❞
(引用:Google検索エンジン最適化スターターガイド)

つまり、これはtitleタグ内の文章の内容次第で、
ページの検索順位が変わってしまうということを説明しています。

そのためには、必須項目として「title」にキーワードをインサートして、
タイトルコピーを考えていかなければなりません。

ここで、注意していきたいのが、キーワードを盛りこみすぎないことです。

中でも、タイトルにキーワードを盛り込んではいるものの、
その後の本文ではそのキーワードに関する情報の表記がないと思うような検索上位を得ることは出来ません。

どうしても、急ぎすぎてタイトルにキーワードをたくさん入れたくなるかもしれませんが、
検索している人が満足のいくサイト情報に合っていなければ、
その後の相乗効果(SNSなどの拡散効果)でのサイト訪問者が増えることは難しくなります。

必ず、目的に合った情報を必要なターゲットに伝えるくらいに気持ちを持つことが望ましいと考えます。

タイトルの作り方だけに限定すれば、キーワードのインサートしつつ、
そのタイトルのコピーが魅力的なフレーズにすることが大切です。

タイトルを考えるときの注意点

「<h2></h2>」titleタグには、入力文字数に制限がありますので、伝えたいことをタイトルにすべて書き込もうとせず、
タイトルだけでも内容がわかるようにコンパクトにすることを心がけましょう。

titleタグは、全角で35文字前後が検索結果に表示されますので、それ以上書いても「…」でコピー表示は切られてしまいます。

そして、タイトルはサイトの内容とマッチしていなければなりません。

キーワードを入れれば、それだけ検索ヒットが増えると思って、キーワードを入れすぎますと、
検索ユーザーから煙たがられる可能性もあります。

押さえるべきポイントは、サイトの内容がきちんと伝わるタイトルをtitleタグに付けることを徹底していきましょう。

ところで、この『Google検索エンジン最適化スターターガイド』は、
SEO対策のバイブルです。

ホームページを使ってビジネスを行うなら必ず目を通して下さい。