Google検索エンジン最適化:③『URLの構造を改善しよう』

・わかりやすいURLは、コンテンツの情報を伝えやすい

コンテンツのカテゴリやファイル名に説明的な名前を利用することは、あなたがサイト内のドキュメントを管理する際に便利なだけでなく、検索エンジンがそれらのドキュメントをクロールしやすくなることにもつながります。
(引用:Google検索エンジン最適化スターターガイド)

SEO対策の一つとして、ウェブサイトの検索結果を上位に表示させたいということは、誰しもが思うことです。

そのためには、まず検索エンジンのクローラーにウェブサイトのURLをクロールしてもらわなければなりません。

インターネット上にあるウェブサイトのデーター収集は、インターネット上を巡回するクローラーというプログラムが行っています。

クローラーがウェブサイト内を回遊して、情報を収集する作業を「クローリング」と呼んでいます。

すなわち、クローラーがウェブサイトを回数多く訪問してもらえれば、検索順位が上位に上がる可能性もありえるわけです。

そのためには、ウェブサイトに対してクローラーに回遊性をもたせることが必要となり、URLを最適化しておくことがSEO対策の一つとして、重要な要素であると言えます。

なぜなら、クローリングされていないページは、そもそも検索の対象にもならないからです。

URLは検索結果に表示される

Googleは非常に複雑な構造のURLもクロールすることができます。
しかし、サイトのURLをできる限りシンプルにすることで、ユーザーにも検索エンジンにも親切なものになります
(引用:Google検索エンジン最適化スターターガイド)

クローラーは基本的に、シンプルかつわかりやすいURLを好むという特性が設定されています。

それには、URL自体をできる限りシンプルにして、コンテンツのカテゴリや、ファイル名に説明的な名前を利用していき関連性のあるURLを表示させるといったポイントが重要となります。

ウェブサイトの内容と構成に関連した単語を含む URLは、そのウェブサイトを紹介してリンクを張ろうとするユーザーにとっても、覚えてもらいやすくなります。

つまり、URLはユーザーがよく目にするものでだからこそ、意味不明な複雑URLよりもシンプルで覚えやすいのです。

ウェブサイトの内容がわかりやすいURLを表示ですることでメリットも上がりますので、
URL構造にはこうした注意を払い設計していくことが必要ということになります。