Google検索エンジン最適化:④『ナビゲーションをわかりやすくしよう』

ナビゲーションは、検索エンジンにとっても重要な要素

ナビゲーションとは、Webサイト上で訪問ユーザーが、
そのサイト内を自身の目的に応じて分かりやすくかつ的確にアクセスできる仕組みのことを言います。

検索エンジンにとっても、ウェブマスターがどのコンテンツを重要と考えているのかを理解するのに役立ちます。

Googleの検索結果はページ単位で提供されますが、サイト全体という大きな視点から、
そのページがどのような役割を果たしているのかについても、Googleは理解したいと考えています
(引用:Google検索エンジン最適化スターターガイド)

すなわちナビゲーションとは、ユーザーが目的のページにたどり着きやすくするだけではなく、
検索エンジン自体も検索順位を決める上で、ナビゲーションのわかりやすさを重要視しているということなのです。

従って、サイトを構築するときには、ユーザーにとっても検索エンジンにとっても、
わかりやすいように、ナビゲーションの設定がとても重要と言えるでしょう。

トップページを基準にナビゲーションを整理しよう

複数のカテゴリやサブカテゴリで分類するに値する、何百種類もの商品はありませんか?
そのような場合は、例えばトップページ→関連トピックのリスト→特定のトピックといったように、
ナビゲーションを整理する必要があります。
(引用:Google検索エンジン最適化スターターガイド)

この項目は、サイトに訪れたユーザーが、サイトのトップページから詳細な内容ページへと、
それぞれにストレスを感じることなく訪問することができるように、
サイト構築の時に考えていかなければいけないということを説明しています。

つまり、サイトのページが多く階層が深い構成になっている場合など、
ナビゲーションの設定を整理しておく必要性を説明しています。

「パンくずリスト」でユーザーの利便性がアップする

パンくずリストとは、サイトページの内部リンクの階層を1列に並べたものです。

このリストによって、ユーザーが閲覧しているページより前の階層のページへ戻りやすくなるとか、
トップページに素早く戻るということもできる仕組みです。

訪問ユーザーにとって、サイト訪問時にストレスなく、
サイトを閲覧できるという利便性を向上させています。

ナビゲーション活用のポイント

ユーザーが、目的のページにたどり着きやすいようにわかりやすい階層構造にして、
ナビゲーションで使用するヘッダーやフッターのメニューは、画像ではなく文字にしておくことが重要です。

検索エンジンが巡回しやすく理解しやすいように設定する必要があるのです。

そうすることで、検索エンジンからわかりやすいサイトと評価される傾向があるそうなので、
サイト構築の際はナビゲーションを意識して作成していきましょう。