Google検索エンジン最適化:⑤『質の高いコンテンツを提供しよう』

魅力的なサイトは自然に認知が広がる

サイト運営者にとって、
サイト作りの基本として魅力的で有益な情報が満載のサイトを心がけなければいけません。

なぜなら、サイト訪問者が自分にとっていいサイトだなと思えば、
その利点を周りに紹介してくれる可能性があるからです。

良いコンテンツに出会ったユーザーは、掲示板やブログに書いたり、SNSやメールなどを利用したりして、コンテンツを他のユーザーに紹介することが考えられます。
そのような自然発生的な紹介や口コミこそが、ユーザーとGoogleの双方において、サイトの評価を高める要素となります。
(引用:Google検索エンジン最適化スターターガイド)

つまり、このことでサイト運営者にとって自身のサイトが評価される質の高いコンテンツが必要であることがわかります。

それでは、質の高いコンテンツはどのように作ればいいのかですが、まずは誰もが読みやすい文章を書くことが重要です。

きちんと情報が整理されていて、難しい言葉を使わずに読みやすくすることが、サイトの文章には必要不可欠です。

文法の間違いや漢字への変換ミスなどがある文章は、その内容以前の問題で魅力的な文章とは言えません。

また、情報をコピーしたいというサイト訪問者もいますので、
掲載するテキストに関しては、画像に埋め込むのはなるべく控えたほうが良いでしょう。

検索行動の多様性を意識しユーザーにとって価値あるサイトに

他のサイトでは提供されていない、新しくて便利なサービスを作ることも心がけてください。
独自の調査に基づいた記事を掲載したり、面白いニュースをスクープしたり、または口コミを活用したりするのも良いでしょう。
(引用:Google検索エンジン最適化スターターガイド)

基本、他のサイトとの違いを打ち出してこそ、検索ランクに反映させることができます。

そういう意味では、独自の調査を反映した文章や話題のニュースに対する自分なりの捉え方なども、
他のサイトと差異化を表現できる材料として活かすことができます。

ですので、普段からそう言う観点で記事をまとめることを意識しておきましょう。

質の高いコンテンツ作成のポイント

他のサイトから、
コピーをしてきてそれだけでサイトの記事をつくることは絶対NGです。

検索エンジンにコピーコンテンツとみなされて、
サイトの評価が落ちてしまうことになりますので気をつけてください。

また、サイト構成上にも関わることですが、
掲載されるコンテンツの各トピックをサイト訪問者にわかりやすく整理しておくことも重要です。

どの情報がどこにあるかなど、きちんと画面上に分類されていると、サイト訪問者は素早く目的の情報を見つけることができます。

そのため、情報の項目立てやサイトを見やすくするデザイン・レイアウトを心がけるようにしましょう。

画像や箇条書きなども適度に入れて下さい。