Google検索エンジン最適化:⑦『画像の利用を最適化しよう』

画像に関する情報はalt属性で提供できる

ホームページやブログで、なんとなく好印象を与えるイメージの良いサイトにするために印象的な画像などを配置することは多いかと思います。

今回は、SEO対策としてのサイト構築で最適な画像利用方法についての項目「画像の利用を最適化しよう」を説明していきます。

 すべての画像には個別のファイル名とalt属性を持たせることができるので、この点を有効に利用すると良いでしょう。
alt属性は何らかの理由によって画像が表示されないときに、代わりのテキストを示してくれるものです
(引用:Google検索エンジン最適化スターターガイド)

何か見慣れない言葉が出てきましたが、これはalt属性で画像に関する情報を提供するということです。
つまり、alt属性を持つというのは、画像の代替となるテキストを持つことなのです。

ネットアクセスの何らかの理由により画像が表示されない状況になっても、
そのときは画像の属性を定義するaltテキストが表示されますので、
見せたい画像のイメージをフォローすることを可能にしてくれます。

また、画像自体をリンクとして利用する時は、
alt属性がリンクに対するアンカーテキストの代わりとなることで、
画像の持つ情報をGoogleに伝える役割も果たしてくれます。

専用のディレクトリにまとめ、一般的なファイル形式で保管

サイト内で画像を利用する時は、画像自体に適正なファイル名を付けることが重要です。

これは、簡潔に画像説明につながるようなファイル名を設定しておくと、
ネット利用者がGoogleで画像検索するときに検索されやすくなります。

また、画像の保管設定はドメイン内の複数のディレクトリやサブディレクトリに分散しないで、
1つのディレクトリにまとめるように考えましょう。

こうすることで、ホームページで活用している画像の管理も簡単ですし、
Googleも画像の保管されている場所を理解しやすくなります。

画像を最適化するということは、ホームページを美しく印象良く見せるだけでなく、
ページの読み込み速度やサイトのパフォーマンスにも影響を与えますので、対策して欲しいテーマです。

そこでポイントを整理してみますと、

  • 簡潔で、内容を説明しているファイル名と、altテキストをつける。
  • 画像をリンクとして使用する場合は、altテキストは欠かせない。
  • 極端に長いファイル名をつけないようにする。

これらのポイントを押さえて設定すれば、
画像の情報をGoogleが理解しやすくなりますので、
SEO対策として必ず実行してみましょう。