Google検索エンジン最適化:⑧『見出しタグを適切に使おう』

見出しタグとは何か

見出しタグとは、サイト内の文章の中に表示されるタイトルのようなものです。

見出しタグは、SEOの内部対策に置いて重要な要素となります。

しかし、見出しタグを作りすぎますと重要なポイントがわかりにくくなってしまうので、
適正な個所に適切な内容で設定することを心がけていきましょう。

見出しタグで重要性を示す

見出しタグ(heading tags。HTMLタグのやHTTP headersとは混同しないようにしてください)は、ユーザーにページの構成を示すために使用されます。

もっとも重要であることを示す<h1>から順に、重要度のもっとも低いことを示す<h6>まで、6種類のサイズがあります。

(引用:Google検索エンジン最適化スターターガイド)

見出しタグの<h1>は、いわゆるページ内全体を表す大きなタイトルでページの内容を簡単に理解できるようにするものです。

そして<h2>タグを使って、文章の構成がはっきりとわかるようにします。

さらに複数の見出しを使い分けると、
サイトコンテンツの流れをユーザーが見やすくなっていきます。

また、こうしたタグで囲まれたテキストは、普通のテキストに比べ大きく表示させることで、
視覚的にユーザーの関心度をアップさせることが可能となります。

見出しタグは、SEOの効果も担っており、
検索エンジンロボットに対してもコンテンツの構造を正確に伝える効果があります。

これは、コンテンツのインデックスとしての役割も果たし、
ユーザーが検索したい内容をいち早く見つけられるように手助けもしていると言えます。

つまり、Webコンテンツを作る過程において、見出しタグの使用は必要不可欠であると考えられます。

見出しタグ活用のポイント

検索してサイトにアクセスしてきたユーザーは、ページの一番下までゆっくりスクロールして全体の内容を把握していこうとする人はあまりいません。

スクロールした時に、見出しタグの言葉で興味や関心を持たなければ、
おそらくページから離脱してしまう可能性が高くなります.

そのようなことを防ぐためには、
ページコンテンツを正確にそして興味深く見出しタグを作る必要があります。

つまり、サイトを流し読みする人のためにも、
内容が一瞬でわかるような見出しを考えサイト内容の魅力を表現しなくてなりません。

見出しは、文章のような長いものではなく、
なるべく文字数を少なくしてキャッチーな言葉で表現するのが有効であると考えられています。