プロフィール

埼玉県出身。文化服装学院技術専攻科卒業。
学院にて、洋服づくりの基礎をしっかり学び、文部大臣認可洋裁技術検定の洋裁技術基礎上級を取得。
学院卒業後、都内アパレルメーカーで10年間サンプル縫製他、幅広い業務を経験し、縫製に関する高い知識と技術及び丁寧な仕立て力を培った。
アパレルメーカーの退職後は、依頼を受けて自宅にて著名なデザイナーのサンプル縫製等手掛けていた。途中親の介護があり、両立に奮闘の日々でした。


2011年4月、夫の転勤先の富山県にて技術を買われ、洋服のオーダーメイド、着物リメイクを主とした「Ren アトリエレン」を創業。人脈ゼロの中での創業でしたが、県内外の数々のイベントやギャラリー出店によりネットワークを広げ、人脈を拡大する事が出来、素敵な出会いの場を重ねる事が出来ました。
2016年12月、埼玉県の自宅に戻ってからも、東京、埼玉、神奈川、茨城、栃木の関東近県のイベント、ギャラリーへの出店、固定のお客様からのオーダーメイドのご注文を頂く他、着物リメイク、お直し等行っています。

2018年、坂戸市商工会が主催する「さかどまちなか講習会」への講師として参加を機に、自宅にて洋裁教室を開催。生徒さんは、地元坂戸市、鶴ヶ島市、川越市、東松山市の近隣地域から見えています。また同年、歴史ある日本ファッションクリエーター協会(JFCA)の会員となる。活動の場を更に広げる事が出来ました。
2019年、埼玉県経営革新計画承認企業として承認を頂く。この事を機に、これからもお客様に信頼され、喜ばれるものづくりをと、決意新たに新しい企画に取り組んでおります。
「他にない個性溢れる、軽くて着やすくて、着て幸せな気分になるもの」がコンセプトであり、「流行を取り入れたモダンなお洒落感」と、「着心地の良さ」を両立させた洋服づくり、ものづくりをしています。